2017年08月19日

教室、そして…熱い納涼祭!

まだまだアイスや素麺、そして冷えたビールが美味しい季節が続きますね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。弟子の佐野です。
さてさて本日は教室の後に毎年恒例の納涼祭を催しました。
詳しいレポートは本ブログの後半で・・・。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<8月19日(土)の 教室>
落とし(竹製の花器)を制作している生徒さんを発見!
写真:右の網代編みの花籃に入れる落としの制作途中で、適当で均等な厚みを残し表皮部分を削りとった後
紙やすりをかけているところです。教室の課題作に落としの制作は無いので、なかなか珍しい光景です。
落としが仕上がったら花籃と一緒に染色されるそうです。今から完成が楽しみですね。
2017-08-19 13.50.19.jpg


−−−−−
本日は外国からのお客様がいらっしゃいました。
アメリカを拠点に活動されている竹のアーティストの方でこの道なんと18年!
9歳の息子さんと来日されて、今日一日教室に参加してくださいました。
ご自身の活動では「編む」作業は殆どしないそうですが、
そんなことは感じさせること無くあっという間に
籃バッグを仕上げておられました。す、すごい!
S__37953595.jpg
2017-08-21 02.04.00.jpg


−−−−−
【その他教室の様子です】
・皆さんご自身の作業に没頭されています。真面目な生徒さんばかりで頭が下がります。
2017-08-21 02.13.51.jpg]

・私も含め「入門して間もない組」。真剣に説明を聞いてくださるので私も気合いが入ります。
2017-08-21 03.11.19.jpg

・先生自ら作品説明。おやつの時間も生徒さんは勉強熱心です。
2017-08-19 14.57.09.jpg



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
< 屋形舟(納涼祭2017〜)>
今年の納涼祭はなんと水の上、屋形舟を一艘借りきって執り行い、
先生をはじめ数名の生徒さんは浴衣姿で登場、雰囲気を盛り上げてくださいました。
いつもより艶っぽくて素敵ですね。
海外からのお客様も上手に着こなされています。
ちなみに浴衣に本日の教室で制作した籃バッグを合わせてくださっています。

・まだかな、まだかな〜。気合いが入り集合が早過ぎてしまいました。
2017-08-21 03.32.40.jpg

・その他数名の生徒さんも自分で制作・アレンジした夏らしい籃バッグを持参してくださいました。オリジナリティが素敵です!
2017-08-21 06.31.23.jpg

・屋形船だけに座席札も笹舟で演出。船内の雰囲気も良かったですが、
お食事も上品で美味しくいただきました。飲み物は飲み放題。
2017-08-21 07.08.34.jpg2017.8.19屋形船_170821_0181.jpg2017-08-21 06.38.20.jpg


自己紹介から始まり豪華な景品が用意されたクイズ大会。
「竹といえば竹雲斎、竹雲斎といえば竹・・・」
恒例のクイズは竹雲斎先生に関するもので、
先生の誕生日や気に入っている道具、プライベートで際どい質問が出題されました。
一番盛り上がったのが先生の似顔絵大会。皆さんの絵心が試されました。
とても似ていますが、ごますりがしっかり入っていました(笑)
2017-08-21 06.34.49.jpg2017-08-21 03.27.50.jpg



・屋形舟だけあって夜景が美しい。クイズに熱が入り過ぎじっくり観賞せず・・・。
2017-08-21 06.39.30.jpg2017-08-21 06.43.37.jpg2017.8.19屋形船_170821_0158.jpg


最後はみんなで「乾杯」を熱唱。
本当にあっという間の2時間30分でした。
次回イベントもお楽しみに〜喜んでいただけるよう企画がんばりますっ!
2017.8.19屋形船_170824_0010.jpg2017-08-21 07.04.18.jpg


暑さに負けず健やかにお過ごしください。
9月の教室は9月2日(土)、16日(土)を予定しております。
教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

成美先生が来てくださいました!

こんにちは、弟子の中村です。

8月に入り、日差しの強い日も多いですね。

教室に来られる時に、おしゃれな日傘や素敵な帽子や麦わら帽子を被って来られる方がいらっしゃいます。

皆様それぞれが似合ったものを被っていらっしゃるので、

私も自分に似合う帽子を探したいなと思いました!

熱中症対策も楽しんで暑い夏を過ごしたいです。

まだまだ暑い日が続きますので

無理をせず身体に気を付けてお過ごしくださいませ。




8月5日(土)



体験の方が1人いらっしゃって、

「世界に一つだけの花籃」を制作していただきました。

とてもはやく四つ目編みを編まれていました。

編む練習をしていただいた後に様々な形を作られていました。

P8051432.JPG


編んではほどいて、編んではほどいて、と色々と試されて悩まれていた様子でした。

最後の仕上げている作業も、どこから竹ヒゴをさして、どんな方向に出すのか、

一つ一つ丁寧に決められていました。

上にまとめられている竹ヒゴのラインがゆったりと上に伸びていてるところが

とても素敵だと思います。

完成おめでとうございます!

P8051452.JPG







実は今回、

7年前の竹教室の開始当初より講師を務めていました成美先生が

赤ちゃんを連れて教室へ来てくださいました!

とっても可愛い女の子の赤ちゃんです。

生徒の皆様が成美先生の赤ちゃんを代わる代わる抱っこされていました。

皆様のあやすのがとても上手なので、

赤ちゃんは泣くこともなく落ち着いていて教室の雰囲気に馴染んでいましたね!

成美先生と赤ちゃんの元気な様子を見られてとても嬉しかったです。

生徒の皆様の優しさと、成美先生と、成美先生の赤ちゃんにとっても癒された日でした。

成美先生は、4月からまた復帰予定です。


P8051437.JPG


P8051447.JPG



P8051427.JPG









中級課題の一つである黒竹のバックを完成された生徒の方がいらっしゃいます!

長いヒゴで亀甲編みをして、側面を立ち上げて制作します。

ヒゴが長く扱いが大変な中、側面も綺麗に亀甲編を編まれていました。

角の強度が少し気になっていらっしゃいましたが、

ぜひアレンジをしてみるのも一つの方法だと思います。

色々なアレンジの方法があるのでまた相談してくださいね。

完成おめでとうございます!

P8051431.JPG







教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968




posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

暑中お見舞い申し上げます。

こんにちは、弟子の佐野です。
蝉の大合唱が夏空に響く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
(今年の梅雨はどこにいってしまったのでしょうか。)
おかげさまで東京襲名展(日本橋島屋)を無事に終えることができ、
工房にも落ち着いた日常が戻ってまいりました。



===7月23(土)教室の様子です===

<ワークショップ(体験教室)>
本日は3名の方にご参加いただきました。(四ツ目編みをベースとした創作花籃)
話しかけるのが憚るほど皆様とても熱心に制作されていました。
一心不乱に創作されている姿が素敵です。
2017-07-22 10.50.55.jpg

先生による手直し。竹ヒゴの先端を斜めに切り落とすだけで雰囲気がぐっと変わります。考えすぎない方が良い作品が生まれやすいようですが、、、それこそがむずかしいですよね。
2017-07-22 11.31.51.jpg2017-07-22 11.29.31.jpg




<ちょっとややこしい編み方:輪弧編み、鉄線編み>
教室の生徒さんがむずかしい編みに挑戦されていたのでご紹介します。

〜輪弧編み、輪弧合わせ〜
輪弧編み自体はそれほどはむずかしくはないのですが、、、
2枚の輪弧を編み合わせる「輪弧合わせ」がややこしいです。
ひごが密集し自分がどこのひごを扱っているのか迷いがちなので、
教室では練習用の色違いのひごを用意し構造を理解してから本番へと入ります。
(写真は輪弧編み)
2017-07-22 13.28.04.jpg

〜鉄線編み〜
一見むずかしくなさそうなのですが目が慣れるまで、
編み目のパターンを理解するのにてこずる方が多いようです。
しかしながら今回の生徒さんは難なく編み進めてました。す、すごい!
2017-07-22 13.28.31.jpg



<真剣な表情でミーティングランチ?>
いえいえ、今日も楽しく雑談をしながら教室の生徒さんと昼食をいただきましたが、タイミングが合わず笑顔を撮り損ねてしまいました。ごめんなさい。次回はグッドスマイルを狙います!
2017-07-22 12.28.01.jpg



<待ってました!3時のおやつタイム>
先日のJapanese Bamboo Art: The Abbey Collectionの図録を手に、当時を熱く語る先生。
ちなみにブラジル サンパウロのJapan Houseではロックスター並みに人気者だったそうです。うっらやましぃ〜ですね。
2017-07-22 14.41.39.jpg



<生徒さんからの差し入れのひとつ>
この季節にぴったりなひんやりジューシーなフルーツのアイスキャンディー。
多くの生徒さんが美味しい物を差し入れてくださいます。
いつもごちそうさまです。本当にありがとうございます!
2017-07-22 14.38.23.jpg





まだまだ厳しい暑さが続くと思いますがくれぐれもご自愛ください。

8月の教室は8月5日(土)、19日(土)を予定しております。
教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

6月の報告


こんにちは、弟子の中村です。

6月は教室をお休みさせて頂き
皆様にご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。


今回のブログは、
ニューヨークでのインスタレーション制作、
東京でのインスタレーション制作・東京襲名展
の報告をさせて頂きたいと思います。



6月始めはNYにあるメトロポリタン美術館でインスタレーション制作をさせて頂きました。
The MET オープニング_170710_0226.jpg

広い館内の、アジア美術の展示室にある日本エリアで
『Japanese Bamboo Art: The Abbey Collection』という特別展が開催されております。

日本の竹工芸を代表する作品が集結し、竹籃だけでなく、竹をモチーフにした屏風や御軸など、中国からの文人文化を知る重要な作品群と合わせて見ることができ、世界中のコレクションが豊富なメトロポリタン美術館ならではの、とても見応えのある展覧会となっております。

その特別展の入り口に「THE GATE」という作品名のインスタレーションを制作させていただきました。

2017年6月13日(火)から2018年2月4日(日)までの展示となります。

約8ヶ月の長い展示期間と、展示空間の入り口を飾らせていただくという事を踏まえ、今までとはまた違う形に挑戦した作品となりました!

「THE GATE」
The MET オープニング_170710_0035.jpg



メトロポリタン美術館での制作が無事に終わり、
間も無く東京襲名展のインスタレーション制作が始まりました。


日本橋高島屋さんの一階正面ホールにて、営業時間中の公開制作です。

とても大きい作品だったので工房で土台を編んでおき、現地で組み立てました。
そして6月21日(水)〜27日(火)に渡る現地での制作期間を経て、完成いたしました!

公開制作中に来てくださった教室の生徒の方や、何回も見に来てくださったお客様もおられ、
制作途中も沢山の方々に見て頂くことができました。


「Connection」

東京襲名展 インスタレーション公開制作_170712_0726.jpg


東京襲名展 インスタレーション公開制作_170712_0693.jpg


正面ホールのインスタレーションが完成し翌日からは

日本橋高島屋 6階美術画廊にて

『四代 田辺竹雲斎 襲名展』 が始まりました。

教室の生徒の皆様からも大阪展に引き続き素敵なお祝いのお花を頂き、
本当にありがとうございました。

東京襲名展 6月28日(水) 初日_170713_0063.jpg


P6280241.JPG


東京襲名展 6月28日(水) 初日_170713_0105.jpg


展覧会初日のオープニングでは花士(はなのふ)として活動されている珠寳(しゅほう)氏が竹雲斎先生の「ホワイトホール」という大きなアート作品に献花をしてくださいました。
清白で素敵な献花をして頂き、ありがとうございました。
東京襲名展 6月28日(水) 初日_170712_0191.jpg

また、同日14時からは竹雲斎先生と共に、アルゴリズムや3Dプリンタなどを使用し、テクノロジーと伝統工芸の融合に挑戦された、シンガポールデザイン工科大学建築学部准教授の貝島佐和子氏によるギャラリートークがありました。
お忙しい中シンガポールから来てくださり、ありがとうございました。

東京襲名展 6月28日(水) 初日_170712_0206.jpg


東京襲名展 6月29日(木) 2日目_170712_0103.jpg




7月1日には、竹雲斎先生と長女のさららちゃん・次女のかぐやちゃんによる竹の種類や編み方のデモンストレーションがありました。
正面ホールに制作したインスタレーションの中でのデモンストレーションとなり、沢山の方々が集まって下さいました。

東京襲名展 7月01日(土) 4日目_170713_0689.jpg


東京襲名展 7月01日(土) 4日目_170713_0724.jpg


P7010613.JPG




7月2日には竹雲斎先生と、以前よりお世話になっております 輪島の漆芸集団「彦十蒔絵」主宰、若宮隆志氏のギャラリートークがありました。
司会を美術史家・京都女子大学生活造形学科准教授の前崎信也氏がつとめて下さり、先生方の出会いや お二人のメイン作品となった十二支をモチーフに制作した提げ物の解説など、盛りだくさんの内容でした。

東京襲名展 7月2日(日) 5日目_170713_0238.jpg


東京襲名展 7月2日(日) 5日目_170713_0358.jpg




若宮先生と彦十蒔絵のスタッフの方には、襲名展の会期中全日在廊していただき、本当にお世話になりました。作品の裏に隠されたたくさんのストーリーをお聞かせいただき、私も勉強になりました。

襲名展は沢山の方々のご協力があり、作り上げることが出来るのだと感じました。

東京まで見に来てくださった教室の生徒の方々や
遠くから来てくださった方々、
ブログを読んでくださっている方々、

お越しいただき本当にありがとうございました。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。



7月8日(土)


今回の教室は先生がおられませんでしたので、弟子一同での教室となりました。
至らない点もあったかと思いますが、いつもと変わらず接してくださりありがとうございました。

教室の生徒の皆様がいつものように楽しく作業されていたように感じ私も楽しく過ごさせて頂きました。


今回は母屋、お茶室、リビングでの作業となりました。

天気が良かったので中庭からお茶室を撮ってみました。

P7081276.JPG




籐こなしをしている生徒の方が二人いらっしゃいました。

籐は竹と少し違う手順で材料を作っていきます。

籐は竹よりも柔らかいので扱いが少し難しく感じられる方が多いようです。

長い籐をこなすため切れないように丁寧に進められていました。

P7081282.JPG

P7081293.JPG


お一人の生徒さんは、一日でこなし終えて縁をかがるところまで作業されていました。

人それぞれの予定や都合があり、

教室を一日にされる生徒の方もいらっしゃいます。

普段は違うことをされている皆様が竹工芸教室に集まり、竹に触れて、ものづくりをされている様子を見て、

教室の生徒の方々は皆様とてもエネルギッシュだと感じました。

私も元気にエネルギッシュに頑張ろうと思います‼







教室の様子です。

P7081280.JPG

P7081289.JPG






教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968


posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

はじめまして、こんばんは。

ブログタイトル:はじめまして、こんばんは。
今年4月から弟子入りさせていただいた佐野佳代子と申します。
この回のブログより中村さん(私の一つ上の姉弟子)と交代で担当させていただくことになりました。乱文のほどご容赦いただければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



<5月27日(土)の 教室>
襲名展の関係で前回に続きまして本日も離れが使用できず、生徒の皆様には不便をおかけしまして申し訳ありません。そして快くご協力いただきまして誠にありがとうございます。


ある生徒さんが1年以上をかけて作られている網代籃の蓋部分で、写真には写っていませんが実はもうひとつ籃本体として網代生地が存在します。全長30センチ以上はある迫力ある大作ですが竹ひごの幅が狭く編み目が細かいため繊細な雰囲気があります。完成まで「縁の仮止め」「籐かがり」などまだ少し作業が必要ですがゴールは目前です。素敵な作品に仕上がりそうで今からとても楽しみです。

=染色した竹ひごを丁寧に網代で編み上げ、その編み機時に熱したコテを押し当て編み生地を立ち上げて余分な竹ひごを切り落としたところ=
IMG_0618.JPG




また、本日は午後の部で3名の方にワークショップにご参加いただきました。工房のワークショップでは四つ目をベースにした創作花籃を制作していただいています。先生のお手伝いで私も作成手順を説明させていただきましたが、、、至らない点ばかりですみません!もっと精進いたします。

=3人共通部分の四つ目編み終えた所。ここからは各々がイメージを膨らませ、自分だけの花籃を創作します=
IMG_0620.JPG

=世界に一つだけの花籃を作り終え、先生を交えての講評会。考え方がそれぞれ異なりとても興味深いですね=
IMG_0624.JPG

=壁に掛けて編み目の影を楽しむこともできます。これは竹工芸の面白さのひとつですね=
IMG_0623.JPG




【その他教室の様子です】
=離れが使えないので人口密度が高めでご迷惑をおかけしております=
IMG_0616.JPG

=長ひご加工のため少しさびしくリビングで作業中。でも先生と広いスペースを独り占め=
IMG_0617.JPG

=生徒さんが持ち寄ってくださった美味しいお土産でおやつタイム。話しに花が咲きます=
IMG_0622.JPG




〜お知らせ〜
以前よりご連絡させていただいておりましたが、来月6月は「東京日本橋高島屋の襲名展」「NYメトロポリタン美術館での展覧会」のため、誠に勝手ながら教室は1ヶ月間お休みさせていただきます。次回の教室は7月8日(土)となりますので、みなさまお間違いのないようお願いいたします。




教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする