今月の末は東洋陶磁美術館ツアー!

こんにちは、弟子の中村です。

12月に入りいよいよ今年もあと一か月となりました。

竹雲斎工房では東洋陶磁美術館でのインスタレーション制作が今年最後の大きなお仕事となります!

制作場所が大阪で工房に近いということ弟子一同で制作に携わることができるとても貴重な機会です。

沢山の弟子が加わって制作したのは東京の襲名展以来なので、今回も大きな作品をつくれることがとても楽しみです。

 
完成したら教室では東洋陶磁美術館ツアーをしますのでぜひ楽しみにしていただければ嬉しいです。





12月7日(土)





今回は少し特別に長いヒゴを作りたいというご希望があり、外での竹割り作業をされた生徒さんがいらっしゃいました!

外での作業となり太陽の光を浴びながらの作業となりました。

いつもよりも巾が広く、分厚い材料を作られていて始めは少し力仕事となりましたが、丁寧に進められていました。

寒い中でしたが、良いヒゴを作られていました!


20191207教室_200207_0029.jpg


20191207教室_200207_0053.jpg






こちらの生徒さんは網代を編み進められていてだんだんと慣れてきて間違えることなく編まれていました!

底編みが終わると次は立ち上げて側面を編んでいきます。

少しずつ編み広がっていくとどんどん楽しくなってきますね!

20191207教室_200207_0052.jpg






こちらの生徒さんは課題の中でも覚えることが少し大変だと生徒さんの中でも噂になっている、

鉄線編みを2枚編まれています!

課題では1つ分を制作していただきますが、ご希望により2つ分制作されています!

材料づくりも2倍になるのですが、コツコツと進められていました!

2枚分が、完成して並ぶ日がとても楽しみです!


20191207教室_200207_0038.jpg 






こちらでは同じタイミングで同じ課題に取り組まれていました。
この作品は竹ヒゴのちょっとした巾や厚みと編んでいるときの力加減によって個性が出てくる作品です。

20191207教室_200207_0058.jpg





こちらの生徒さんも同じ課題に取り組まれていました。
とても真剣な眼差し!

20191207教室_200207_0035.jpg 




色々な巾の竹ヒゴを作り終えて、菊底バスケットの底を編み始めた生徒さん

20191207教室_200207_0006.jpg





母屋の全体の様子!

20191207教室_200207_0032.jpg












本日も楽しくお茶タイムを過ごしました。

甘いものを頂き、皆様とお喋りをしてリフレッシュです!

いつも美味しいもの差し入れして頂き、本当にありがとうございます。


外からの様子
20191207教室_200207_0048.jpg


中からの様子
20191207教室_200207_0025.jpg








今回の教室が終わったころの景色がとても綺麗でした。

20191207教室_200207_0037.jpg










【教室の予定日】


12月21日(土)東洋陶磁美術館ツアー

1月11日(土)   25日(土)

2月  8日(土)    22日(土) 

3月  7日(土)    28日(土)

4月  4日(土)    18日(土)





【展覧会のお知らせ】


『竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクションーメトロポリタン美術館所蔵』



2019年12月21日(土)~2020年4月12日(日)
大阪市立東洋陶磁美術館
こちらはインスタレーションも展示されます。

午前9時30分~午後5時
※12月21日(土)、12月22日(日)は午後7時まで開館
※入館はいずれも閉館の30分前まで

休館日
月曜日(ただし1月13日、2月24日は開館)
12月28日(土)~1月4日(土)、1月14日(火)、2月25日(火)

大阪市立東洋陶磁美術館ホームページ
www.moco.or.jp/exhibition/schedule/?e=545




教室に興味のある方、申し込みご希望の方はこちらのページをご覧ください。

※只今、教室の方が満席により入会をお待ち頂いております。

 詳しくはメールまたは電話にてお問い合わせ下さい。