体験で作られた花籃



こんにちは、弟子の中村です。


1月21日は暦の上では一番寒いとされている大寒でしたね。


雪が降る程冷え込む日も有りますが、いかがお過ごしでしょうか?


雪が降っていると、寒さも気にせず雪合戦をしていた頃を思い出します。



皆様、お体に気を付けてお過ごし下さいませ!






1月21日





 
今回も体験の方がいらっしゃったので世界で一つだけの花籃を



作って頂きました。



最初に四つ目編みを編むのですが、



こちらの方はキッチリと綺麗に目を詰められていました。



自由に制作し始めた時は悩んでいらっしゃいましたが、



途中から気に入る形が出来てきた様子でした。


P1210139.JPG


「鳥の巣」をイメージして作られたそうで、


側面に二本ずつ束ねて回しているヒゴがあることで


動きが出て包み込んでいるように見えます。


編み込んでから上で束ねているところは鳥の巣の枝が


集まっているような印象をもちました。



テーマにとてもぴったりな作品でした。



完成おめでとうございます!

P1210150.JPG










二つ目の課題である四ツ目籃を制作している生徒さんが


いらっしゃいます!


この方はお手本の作品とは少し変えて、


側面を編んでいるヒゴをきっちり詰めて編んでいらっしゃいました。
 

P1210129.JPG


用途を伺ったところ「筆箱」として使う予定だそうです。



詰めて編んでいらっしゃるので、



底に布などを敷いたら使いやすいそうですね。
 


完成が近づいてきてとても楽しみですね!









 
一つ目の課題である亀甲編み籃を完成された生徒さんは、


栗を入れたら丁度良さそうとおっしゃっていて


想像してみると確かに良いサイズ感だと思いました。

20170121_103840428.jpg


是非、普段の生活に自分で作った籃をプラスしてくださいね。


竹籃によって生活の中の安らぎや喜びが増えていったら


とても嬉しいです。










教室の生徒さんが初めて作られた花籃にお花を生けて部屋に飾っている


とのことで写真を見せて頂きました!


とても綺麗に生けられているので、更に花籃が引き立っていますね。


飾っているところを見せて頂きありがとうございます。


華やかになった花籃の表情を見ることが出来てとても嬉しいです!


きっと花籃も喜んでいますね♪


IMG_0417.JPG












教室の全体写真です



P1210132.JPG



P1210105.JPG










教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968




 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック