4月終わり

こんにちは、弟子の中村です。


桜が散っていき、木々はどんどん緑に染まって、次は梅雨の時期に向かっていますね。


 
 

4月23日(土)




網代コースターの材料づくりを終えて編み始められた人がおられます。

この課題では、どちらかというとシンプルなデザインの 舛網代 という編みかたをするのですが網代編みの基本を理解すればいろんな編み方を(見本を見ながら)編めるようになります。


先生から編みかたを教わっていましたが、最初はちょっと戸惑いながらも編み進めていくうちに理解されていました。




サイズ5.jpg




サイズ1.jpg



少し時間を空けてから覚えているか確認してみるといいと思います!












材料づくりをしている方がいらっしゃって、せん という作業をしておられました。

その作業は、せん引き台 というもので分厚さを均等にしていきます。

作業をしている時に材料づくりをしていると夢中(無心)になって作業をする事が楽しい、

先生は材料づくりで精神を整えられるので、編む前の心の準備になっていると話しておられました。


作品を作り上げていく中で、材料づくりはそのような面でも大切だと思います。




サイズ4.jpg












違う生徒さんは次の作業の節のある材料の節裏を  せん をした部分と同じ分厚さにするために小刀で少しずつ削っています。



削り過ぎると折れやすくなるため丁寧に作業する必要があるのですが、こちらの生徒さんはとてもキレイな材料に仕上がってました。



編みやすいと思うのでいい籃になりそうですね!




サイズ2.jpg







今回・・・




初級課題を修了された方がおられたので、初級授与式が行われました!


この生徒さんは約3年かかって自分のペースで課題をひとつひとつ丁寧に作り上げている方だと思うので、すごく嬉しいだろうな~と思い見ていました。




おめでとうございます!!



サイズ6.jpg










教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック