こんにちは。

弟子の田嶌です。





5月25日(土)





もう日中は暑いくらいの気温になり、初夏を感じる季節ですね。






前回“素材を知る”というお話をしたので、今回は竹の次によく使う「籐」について少し説明したいと思います。


籐002.jpg


籐(ラタン)は東南アジアを中心に熱帯雨林地域のジャングルに自生するヤシ科の植物で、日本名で「籐(とう)」と呼ばれる、200種以上ある植物の総称です。


籐001.jpg


ツル性植物で、節があり、とげを持った表皮に包まれています。

その繊維は植物中最長にして最強といわれ、長さが200メートルを超えるものもあり、他の樹木にからみつき空に向かって伸びていきます。

その生命力の強さから、通常の木材よりも丈夫で折れにくく、曲線の加工もしやすいため、細かく裂いたものを編んで籠としたり、太いものはステッキや家具のフレームなどに使用されます。

日本には自生していないので、輸入されたものを私たちは使用していることになります。

とげもある籐の整備されていないジャングルでの収穫は危険極まりないとのことです。


籐


私たちの手元に来るときにはとげもなく、ツルツルの状態です。

籐は太さが様々ですが、私たちが制作に使用するのは5~10mmくらいですね。



これは籐を買いに行った小竹先生らがお店の人に聞いてきた話を私たちにしてくださったのですが、「へえ~!!(驚)」と私たちも知らないことが多かったです。

その素材を知るとそれまでとは使用するときの気持ちが少し変わる気がします。

意識が高まり、制作自体にも良い影響が出てくるのではないでしょうか?

今後も少しずつこのような情報を紹介していきたいと思います。






さて、今回の教室はまた新たに注文されていた道具が届き、皆さん嬉しそうに手に取られていました。


005.JPG


今回届いたのは竹割り包丁と巾とり小刀で、注文されていたのは3人だったのですが、道具マニアのお1人が目を光らせて購入されました。(笑)

包丁は3本目の方もいて、割り・剥ぎ・磨きで使い分けられるそうです。


001.JPG


包丁などだけでなく、穴をあけたりする工具的なものまで揃え始められて、この前はホームセンターツアーなるものをされたらしいです。

こういうものに詳しい方々が教室内にいるので、いろんな情報が飛び交います。

皆さんすごく道具が豊富になってきて、私も圧倒されます。(笑)


002.JPG


003.JPG


新しい道具は気分を高めてくれますし、道具が揃ってくることでできることも増えてくると思います。

皆さんが楽しんで、レベルアップしながら制作していけるよう今後も全力でサポートしていきたいと思います。






教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック