門松






こんにちは。

弟子の田嶌です。






12月15日(土)






今年も残すところ僅かとなりました。

この1年もあっという間だったように感じます。




今年最後の教室は毎年恒例の門松づくりを行いました。

門松を自分でつくるなんてめったにない体験だと思います。






まずは土台からつくっていきます。


001.jpg


切ってきたばかりの青竹なのでとても割りやすそうでした。


002.jpg


割った竹で隙間なく土台を囲み、シュロ縄でしっかり固定します。






次に一番重要な中心の3本の竹を斜めに切っていきます。


003.jpg


これは斜めに切るほどシュッとしたかっこいい感じになります。

自分では結構斜めに切っているつもりでも、立ててみるとそうでもなかったりします。

切れたら、3本の高さや節の位置のバランスを見ながら、組み合わせて固定します。

これが中心なのでこだわりたいところですね。






ここからは結構速いです。


004.jpg


005.jpg


土台に3本の竹を立てて、土で固定しながら葉ボタンや松、なんてんで飾っていきます。


006.jpg


それぞれのセンスで雰囲気が微妙に変わってきます。





007.jpg


そして完成しました!!


008.jpg



同じものをつくっていますが、やはりその人の個性が出るのでおもしろいです。

玄関にこれが置いてあったら雰囲気が出ますね。

私も去年これを実家に送ったら大好評でした。






門松完成後、残りの時間でお箸と箸置きをつくりました。


009.jpg


011.jpg


切りたての青竹で削りやすいはずなのですが、やはり削りに慣れていないと苦戦されるようです。


010.jpg


こちらは私も少しお手伝いして、旦那様の分と2組分つくられました。

年明けにぜひ使っていただきたいです!!






今年最後の教室も皆さんに楽しんでいただけたようでよかったです。

また来年も全力でサポートしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

ではではよいお年を…。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック