新しい体験者






こんにちは。

弟子の田嶌です。



9月1日(土)


001.jpg


今回は10人と多く、そのうちのお1人は生徒さんの旦那様で体験に来られました。


014.jpg


手を動かしながらいろいろと形を探されていましたが、最後のほうで一気に形になってきたようでした。


003.jpg


まとまりのある、また今までと違った形の作品になりました!!





004.jpg


奥様のほうは隣で着々と材料づくりをされていました。

たまに旦那様にアドバイスされたりと仲良さげで楽しそうでした!!

次回には完成して編むことができそうです。





005.jpg


こちらは本当に最後の仕上げの錆つけという作業を行いました。

これをすることで漆が落ち着いた感じになります。

教室が始まった当初から制作し始めて、約2年かかっての完成なので喜びもとても大きいと思います!!

今度制作開始から完成までを振り返ってみたいと思います。






そして今回もう1人出品者が増えることになりました。


006.jpg


自宅で制作されてものを持ってこられたのですが、出来がよかったので先生に出品をすすめられ、今回銘を入れられました。

いきなりだったので驚かれていましたが、とても楽しみですね!!




007.jpg


こちらは材料を完成させて来られて、今回から編み始めました。

四ツ目という一番シンプルな編み方です。

底が完成してコテをあてて立ち上げるところまで進みました。





008.jpg


こちらのお2人は今回同じ亀甲の籠を制作されました。

やり方を覚えるのに苦戦されていましたが、楽しそうに制作されていました。


009.jpg

010.jpg


同じものをつくったのですが、それぞれ全然雰囲気の違ったものになりました。

これもおもしろさの1つだと思います。





011.jpg


こちらはコースターを制作中ですが、自宅で1枚編んでこられて今回は縁の火曲げ→削りと進められました。

自宅で進めて来られたりもするので進みが早いですね!!





015.jpg


こちらのメキシコの方は今回自分でデザインを考えてこられて、それを制作することになりました。

菊底という編み方でやりましたが、英語での説明は難しかったので、とりあえず見てもらいながらほぼ日本語で進めました。(笑)

コテをあてて立ち上げるところまで進んだので、次回から側面の編みですね。





013.jpg


こちらは足りない分の材料づくりに入られました。

竹を割るのは楽しいようですが、剥ぎがなかなかうまくいかないようでした。

ちょっとしたコツだと思うのですが、それがつかめるまでは難しく感じるかもしれません。





今回は人数が多めで賑やかな感じでした!!

また次回も楽しみです!!





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック