竹の材料づくり・裏鋤・面取り



竹の材料作りは、数多くの工程があります


今回は裏の厚みを揃える『裏鋤(うらすき)』に挑戦しています




田辺竹雲斎式は初心者には難しいので



大分県の別府で使われる道具を使い


裏鋤をしています





3.jpg




4.jpg






裏鋤が終わると


今度は竹の面をとります



これは竹のヒゴの角を取る作業です。


角をかまぼこ状にする事を『面取り』といいます




これをすると


籠に温かみがでたり


品がでたり



手触りが良くなったりします





竹工芸品を作るにはとても大事な工程です







1.jpg



これも別府式の面取りです


2.jpg




多くの工程が終わり、ようやく籠を編むことが出来ます



材料作りは大変ですが



慣れるとなかなか楽しく


無心で作業することが出来ます










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック