四ツ目編み

こんにちは、弟子の中村です。 工房にある中庭のもみじも赤く色づき始め、 季節の移り変わりを感じる場面が増えてきました。   少し前まで心地よい太陽の温かさを感じておりましたが だんだん寒く感じる日が増えてきておりますので 防寒対策をして冬に備えて 体に気を付けてお過ごしくださいませ! 教室の予定ですが、 12月19日(土)、12月26日(土) 上記の教室日を予定しております。 日々の新型コロナウィルスの感染者の方の 増加などの状況により、 急遽変更になる場合がございます。 皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、 どうかご了承くださいませ。 11月21日(土) 黒竹四ツ目編み小物入れをつくられていた生徒さんがいらっしゃいました。 胴体を編み終えて縁を曲げられているところです。   練習を積み重ねてから 本番の竹で内縁の火曲げをされていました。 内縁は竹が自然と曲がる方向ではなく 反対向けに曲げることで外と内側から竹の表皮が 見えるようにつけます。 もちろん自然に曲げる方向よりも無理をして曲げることになるので 難易度が上がります。 練習されて無事に本番用の縁を曲げ終えられました。 完成まであと少しですね! 一本の竹でたくさん練習されてまるでアート作品のようです! 籃に合わせてゆったりとした曲線が出来上がっています。 同じく黒竹四ツ目編み小物入れが完成された生徒さんもいらっしゃ…

続きを読む

11月。

こんにちは、弟子の中村です。 11月に入り立冬を迎え、だんだんと冬に近づいていますね。 今年の冬はインフルエンザだけでなく コロナの心配もありますので 皆様、充分体にお気をつけくださいませ。 11月7日(土) 今回、体験の方がいらっしゃいました! そして世界に一つだけの花籃をつくっていただきました。 まず始めに四ツ目編みを編んでいくのですが とても丁寧にヒゴの間隔を揃えながら 編まれていました。 始めは「祈り」というイメージをもって編み始められたそうです。 編んでいるうちに少しイメージと違ってきたと仰っていましたが、 交差して編まれている所が、祈りながらも広がっていくような 綺麗さが生まれた素敵な作品だと思います! 完成おめでとうございます!   一つ目の課題で材料づくりが終わり、ついに編み始められました!  籐こなしを終え、最後の仕上げのかがりをされて、完成!おめでとうございます!  皆様、丁寧なヒゴづくりをするために一生懸命お話しを聞かれているご様子です! 現在取り組まれている課題をご自宅で二つ目を編まれていました。二つ並ぶとより輪弧編みのきれいさが際立ちますね! とても良い感じに丸く火曲げされてます! 映画のワンシーンで出てきそうな光景。おとしの漆塗り! 〇教室の様子…

続きを読む