技倆指南書!

こんにちは、弟子の中村です。天気が変わりやすい季節に入りましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?体調には十分お気を付けてお過ごしください。今回、、、なんと、、、田辺竹雲斎竹工芸教室の『技倆指南書』(ぎりょうしなんしょ) が出来ました!!! 教室も10年になるという事で、より沢山の方々に竹工芸を楽しみながら竹工芸の基礎や知識も身に着けてもらいたいという思いで『技倆指南書』が作られました。 材料作りの流れや各工程の解説や重要ポイントが記載されているので教室中や家で分からなくなったときの手助けになると思います!これから皆様に上手く活用していただき、技術向上につながってより良い作品をつくれるようになることで竹工芸の楽しさと深さを感じてもらえればと思います。9月5日(土) 今回の教室ではご家族4人で体験にお越しくださいました!そして「世界に一つだけの花籃」が4つ出来上がりました。先生の説明を聞き、編む練習中!そしてそれぞれ自由に編みながら仕上げていきます。完成作品はこちら! ゆったりとした丸みが出るように上手く工夫されています。下は四葉のクローバーを表現しており、幸せを手で包んでいるイメージで作られたそうです。 豊かな空間の使い方をしており、のびのび制作されたことが伝わる作品ですね。左右非対称で一本ずつ伸びているヒゴが良いアクセントとなっていました! 下の花びらの様に広がっているヒゴと、覆うように上で編まれた四ツ目で仰っていたイメージの幸せを包むようすがうまく表現された作品で…

続きを読む