ワークショップ

  皆さん、こんにちは。 弟子の濱田です。 明るい時間が少しずつ長くなり、 季節の変化を感じる今日この頃。 それにしても、寒暖の差が激しく 体調管理が難しい冬になっていますが皆さん どのようにお過ごしでしょうか? 工房では、先日 堺市の小学校で小学生向けの ワークショップを行いました。 寒さなんて関係なしの元気な小学生達 初めての作業に悪戦苦闘しながらも 世界に1つだけの花籃を楽しそうに造っていました。 完成した作品がこちら未確認生物2号!!発想が凄い、お花選びまでこだわって 雰囲気のある花籃になっていました。 こちらは海賊船をイメージして造った作品。ひごの先端を尖がらせたり帆の様にひごを編んだりと細部にまでこだわってかっこいい海賊船になっていました。 こちらの花籃は水泳をイメージして動きのある作品になっていました。 子供ならではの視点、発想力 そして、それを頑張ってカタチにしていく姿に 刺激を頂く1日となりました。 〈教室の様子〉 教室の生徒さんも負けていません!! 本日も沢山の生徒さんが集中して 作業をされていました。 こちらのお二人は菊底バスケットの制作中です 男性の方は菊底となる部分を編まれています。この作業が終わり胴の部分を編まれているのが女性の方になります。 完成が楽しみですね。 こちらでは花六ツ目盛皿を作られています。写真では伝わりにくい…

続きを読む

2020年になりました!

こんにちは、弟子の中村です。 2020年に入りました! 1月11日は鏡開きですね。 お正月にお供えした鏡餅を食べる日本古来の習慣で、 神様の依り代である鏡餅を食べることで神様の力を頂くという意味があります。 お正月は美味しくてついお餅を沢山食べてしまいます。 無病息災を願い、皆様も食べられましたでしょうか? 2020年もどうぞ宜しくお願い致します! 1月11日(土)今回の教室は体験の方がいらっしゃいました!世界で一つだけの花籃を作られました。ご夫婦で来られており、奥様へのプレゼントとして制作されていました。いつもはテーマを考えながら作っていくことが多いですが、テーマはなかったようですが、壁掛けとしても使え、置いても使える、、、多角的に見て楽しめる作品に仕上がりました。編んで、形を作ってヒゴをさしていく、一つ一つ丁寧に進められ、とても綺麗さが出ていると思います。金魚に見えてとても綺麗!と言っていた弟子もいました!実際にお部屋に飾られ、お花を生けられる、そんなイメージができますね!完成おめでとうございます!! 輪弧編みの練習してから、、、、いよいよ本番のヒゴで編んでいきます! 母屋で巣籠り、掛け花籃を完成された生徒さん、 ふたつ並んでより可愛らしさが出てますね!こちらは離れで作業されて巣籠りと掛け花籃が完成された生徒さん、 お花を生けられたことでより籃が凛々しく感じられます!一つ目の課題である亀甲小…

続きを読む

仕事始め

皆さま、明けましておめでとうございます弟子の濱田です。 工房に入って初めて迎える新しい年。昨年は大変お世話になりました。新たに気を引き締めて精進してまいりますので本年もどうぞよろしくお願いいたします。 皆さんはどのような年末年始を過ごされたでしょうか? 僕は先日、大阪駅近くで桜のような花が咲いているのを見つけました!まさかと思って調べてみると「冬桜」というのがあるのですね!! 桜は春に咲くものだと思っていたので驚いたのですが、とても綺麗だったので紹介させていただきます。 冬桜というのは、山桜(ヤマザクラ)と豆桜(マメザクラ)が交配して生まれた雑種のことで、冬(10~1月頃)に咲く桜の総称としても使われているようです。 花は中輪サイズで、白から淡いピンク色の小さな花を咲かせます。 葉っぱが小さいことから、小葉桜(コバザクラ)10~12月と4月の2回開花期があることから四季桜(シキザクラ)と呼ばれることがあるようです。 寒く澄んだ空気の中、凛と咲く桜は春の桜とはひと味違った美しさでした。 これからが冬本番寒い日が続きなかなか外に出辛い季節ではありますが冬桜を探しにお散歩されてみてはいかがでしょう。 _______________ 去年最後の教室では、 大阪市立東洋陶磁美術館にて開催されている竹の展覧会 「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション―メトロポリタン美術館所蔵」 の展覧会の作品解説やトークイベントに参加す…

続きを読む