もみじ

こんにちは、弟子の濱田です。 寒くなり、澄んできた空気に 色付く木々。 紅葉の季節がやってきましたね。 工房のもみじも、綺麗に色付いてきています。 ところで、もみじとは? もみじは、平安時代の頃に「もみち」が濁音化した「もみぢ」から変化し 生まれたようです。 その「もみち」は「もみつ」が名詞化したもので この「もみつ」は草木が、 赤や黄に染まることを意味しています。 ちなみに、「もみつ」は漢字で書くと 紅葉つ、黄葉つ、の2つの漢字があり 奈良時代の辺りまでは、黄葉と書くのが 一般的だったようで、 紅葉と書くのが一般的なったのは 平安時代の頃だそうです。 「もみつ」は 「揉み出づ(もみいづ)」が語源になります。 この「揉み出づ」は染め物に対し使われた言葉で、 紅花を水の中で揉み染料にする意味です。 紅花は真水で揉むと黄色の染料に、 アルカリ性の灰汁の中で揉むと赤色の染料に なります。 そんな染料の色の変化になぞらえ、 草木が色付く様もそう呼ばれるようになったようです。 なので、もみじが指す植物はカエデだけでは無く 秋に赤や黄色に色付く植物全般を指す言葉なんだそうです。 皆さんはご存知だったでしょうか? 僕は、もみじはてっきりカエデの 呼び名だと思っていたので目から鱗。 これは紹介しなければと思い、ご紹介させて頂きました。 当たり前に使っている言葉 言葉の意味は調べてみると面白いですね。 ------ 【 11/…

続きを読む