丹青社インスタレーション解体

こんにちは。 弟子の林です。 10月となったものの季節外れの暑さが続いておりますが 皆さま如何お過ごしでしょうか? 私は先日、東京竹芸術祭2019の会場である 丹青社のインスタレーション解体に行って来ました。 この竹のインスタレーションは “つながり”を一つの大きなテーマとして制作しています。 制作した作品は一定期間展示されたのち 一本一本手でほどきながら解体していくのですが ほどいた竹は再利用し、また新たな作品へと生まれ変わります。 解体するという行為は、次の作品への出発点であり その過程自体が自然の循環、繋がりを表現しています。 また解体に関しては制作した現地の方々に 協力して頂きながら行ってきました。 それは竹の素材感や作品の魅力を 実際に触れることで感じてもらいつつ 作品を制作する過程に参加して欲しいという思いで行っています。 これまでアメリカ、フランス、ベルギー、トルコ、ブラジルなど 様々な国で制作する機会を頂いてきました。 同時にそれぞれの国で沢山の方々に協力して頂き 作品を解体しまた次の作品へとつなげてきました。 そうした人と人とのつながりを大切にしつつ また次の場所で新たな作品を生み出していきたいと思います。 今回はお休みの日にもかかわらず 解体に駆けつけて下さった皆様 本当にありがとうございました! **** 【10/5(土) 教室の様子】 今日も季節外れの暑い1日でしたが 沢山の…

続きを読む