芸術の秋。

こんにちは、弟子の濱田です。 今年も暑さの厳しい夏でしたが ようやく朝晩と涼しくなってきましたね。 スーパーでも、柿や栗が並びはじめ 秋の訪れを感じています。 秋といえば芸術の秋。 ということで、 前回ご紹介致しました 東京竹芸術祭2019に実行委員として参加させて頂き イベント参加施設を弟子全員で取材して参りました。 取材の様子は以下のURLよりご覧ください。https://www.facebook.com/pg/tokyobambooartfestival2019/posts/?ref=page_internal 取材をさせて頂く事によって とても沢山の籠を見ることができ 多くの刺激、そして学びの時間を過ごすことができました。 そして、何よりNYからの巡回である近代美術館工芸館での 「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクションーメトロポリタン美術館所蔵」 では、初日より連日、たくさんの方がお越しくださり 日本でも、たくさんの方が竹工芸に興味を持ってくれている とゆう事を知ることが出来て、とても嬉しかったです。 東京竹芸術祭では22の施設で、多くの籠が同時期に 展示されます。 このような事は、今までになかった本当に貴重な事です。 心地良い秋の風を感じながら 是非とも足を運んで頂きたいです。 ーーーーーーー 【9月21日(土)教室の様子】 本日も沢山の生徒さんが 参加され、熱心に竹と…

続きを読む

東京竹芸術祭2019開催!

こんにちは。 弟子の林です。 8月の教室がインスタレーション制作等の関係上お休みとなってしまい 皆さまには長らくお待たせしてしまいました。 9月からまた再開になりますので教室、ブログ共々引き続きよろしくお願いします! さて、今月よりニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されました アビーコレクション展の日本巡回展が東京国立近代美術館工芸館で開催されます。 それに合わせて、『東京竹芸術祭2019』が開催される運びとなりました。 これは、皆さまにより竹の魅力について知って頂けるよう 東京、栃木の全22か所の会場で同時に竹の展覧会が開催されます。 かつてない規模での竹の展覧会になりますので ぜひお近くまでお越しの際は各会場にお立ち寄り下さい! 詳細につきましては最後にご紹介させて頂きます。 **** 【9月7日(土)教室の様子】 今回は久しぶりの教室という事もあり 教室の再開を皆さま楽しみに待って頂いておりました。 **** こちらの方は第3課題の『巣籠』の材料を作られています。 竹雲斎工房の竹工芸教室では 黒竹を使った課題のひごは この様に小刀でうらすきを行います。 すき銑という道具を使ってうらをすくのと違い 小刀でのうらすきは手の感覚で行うため 多少の慣れが必要になります。 こちらの方は第2課題も黒竹のこなしをされていて その時はこのうらすきの工程でかなり苦戦をされていましたが 第3課題…

続きを読む