梅雨

こんにちは、弟子の濱田です。 全国的に梅雨入りし いよいよ雨の季節となりましたが、、、 皆さま、この長雨を指す言葉になぜ 「梅」という漢字が使われているのか なぜ梅の雨を「つゆ」と読むのか 不思議に思ったことはありませんか? 今回は「梅雨」という言葉についての 豆知識をお伝えしようと思います。 「梅雨」という言葉は 中国で生まれた言葉で「ばいう」 と言われており、それが日本に伝わったと されています。 ただ、中国から伝わったときは 「梅雨」ではなく「黴雨」 として伝わったそうです。 雨によって湿度が高くなり 黴(かび)が生えやすくなることから 「黴雨(ばいう)」 という言葉が生まれたようですが カビの雨では印象が悪い、、、 ということで日本に伝わってきてから 同じ読みの「梅」を あてたとされています。 ではなぜ梅の雨を「つゆ」と読むように なったのでしょうか…? 所説あるようですが 日本では、江戸時代辺りから 「梅雨」を使うようになったといわれています。 その由来とされている2つをご紹介しますね。 まずひとつめが、 「露(つゆ)」から派生した「梅雨(つゆ)」という説です。 6月から7月にかけては雨がたくさん降ります。 すると木々に露がつくことから「梅雨」 というようになったという説。 ふたつめは、熟した梅の実が潰れることから 「潰ゆ(つゆ)」という説です。 梅の実の成長に雨の存在は…

続きを読む