梅雨

こんにちは、弟子の濱田です。 全国的に梅雨入りし いよいよ雨の季節となりましたが、、、 皆さま、この長雨を指す言葉になぜ 「梅」という漢字が使われているのか なぜ梅の雨を「つゆ」と読むのか 不思議に思ったことはありませんか? 今回は「梅雨」という言葉についての 豆知識をお伝えしようと思います。 「梅雨」という言葉は 中国で生まれた言葉で「ばいう」 と言われており、それが日本に伝わったと されています。 ただ、中国から伝わったときは 「梅雨」ではなく「黴雨」 として伝わったそうです。 雨によって湿度が高くなり 黴(かび)が生えやすくなることから 「黴雨(ばいう)」 という言葉が生まれたようですが カビの雨では印象が悪い、、、 ということで日本に伝わってきてから 同じ読みの「梅」を あてたとされています。 ではなぜ梅の雨を「つゆ」と読むように なったのでしょうか…? 所説あるようですが 日本では、江戸時代辺りから 「梅雨」を使うようになったといわれています。 その由来とされている2つをご紹介しますね。 まずひとつめが、 「露(つゆ)」から派生した「梅雨(つゆ)」という説です。 6月から7月にかけては雨がたくさん降ります。 すると木々に露がつくことから「梅雨」 というようになったという説。 ふたつめは、熟した梅の実が潰れることから 「潰ゆ(つゆ)」という説です。 梅の実の成長に雨の存在は…

続きを読む

七夕&納涼祭

こんにちは。 弟子の林です。 梅雨入り後は一転して晴れ間を見ることの少ない 日々が続きますが皆様は如何お過ごしでしょうか? 今回の教室は七夕が近い事もあり 教室後の納涼祭では皆さまに願い事を書いて頂きました。 七夕は五節句の一つであり、日本の「棚機(たなばた)」という 織った着物を棚に供え、秋の豊作を祈ったり、 人々のけがれをはらう行事や、中国から伝来した行事と合わさりつつ、 今のように短冊に願い事を書き、笹に飾る行事となったそうです。 こういった所に笹が使われるのも、日本人の生活や文化に 竹が密接に関係してきた事を感じさせます。 さて、皆様はどんなお願い事をされましたか? ****  【7月6日(土)教室の様子】 今日も外の暑さに負けない位、皆様も熱心に制作されています。 **** 今日は多くの方が作品を完成されました。 こちらの方は初級の課題である「茶籃」の仕上げに取り組まれていました。 前回までに縁巻きを仕上げられ 今回は最後に藤づるで持ち手を付けられていました。 お花を生ける事も考え、高さを決められていました。 藤づるを巻き上げて完成! 夏らしい爽やかな籃に仕上がりましたね。 これでいよいよ初級課題も最後の一課題を残すのみとなりました。 中級に向けて一緒に頑張りましょう! **** …

続きを読む