授与式

皆さまこんにちは。 弟子の濱田です。 今日は夏が来たのかと思ってしまうような 暑い一日になりました。 半袖で外出されている方も多くなり 夏が来るっ♪♪とワクワクしている今日この頃。 でも急に暑くなると 暑さに慣れない身体は体調を壊しやすく 熱中症にもかかりやすいようなので しっかりと水分補給等、対策をしてお過ごし下さいね。 ------ 5月11日   教室の様子 天気の良い中、本日も沢山の生徒さんがいらっしゃいました。 外の暑さに負けないくらいの熱さで 皆さん竹と向き合われています。 こちらでは、先生の落としの作り方の説明を 熱心に聞いておられます。 表面の削り方で表情が決まる落とし。 美しい落としができますように! こちらは、籃の縁の曲げ位置の説明を 熱心に聞かれています。 籃の出来を大きく左右する縁作り。 仕上がりまであと少し、頑張ってくださいね。 こちらでは、縁の取り付けの説明を受けられています。 あと少しで完成!楽しみですね!! こちらの生徒さんは、上級者ならではの 繊細で表情豊かな作品を作られていました。 始めて数年とは思えない作品。 仕上がりが楽しみです。 課題が無事、完成された方もいらっしゃいました。 こちらの花籃は手の仕上げに苦労されながらも 素敵な籃になりました。 おめでとうございます。 …

続きを読む

令和

こんにちは、弟子の林です。 令和という新しい時代を迎えましたが 皆様はいかがお過ごしでしょうか。 少しずつ馴染んできました令和という年号 様々な所で解説されているかと思いますが その由来は万葉集の梅花の歌だそうです。 寒い冬を乗り越え春の訪れを一番に告げる梅の花のように 一人一人が明日への希望とともに 大きな花を咲かすことのできる 日本でありたいとの願いから決定されたそうです。 始めて日本の古典から引用されたという事も 新たな時代の始まりを感じさせます。 伝統工芸に携わるものとして 古き良き日本の伝統を大事にしつつ 新たな時代に向かって皆さんと一緒に 挑戦していきたいと思います。 この令和という新しい時代が 皆さまにとって良い時代となりますように そして竹雲斎工房をまた教室の方も これからもどうぞ宜しくお願い致します。 ****  【5月4日(土)教室の様子】 今日は改元に伴う大型連休にもかかわらず 多くの方が教室にご参加頂きました! その熱気から既にクーラーもついています... **** 今日は二人の方が体験に来られました。 お二人ともフラワーアレンジメントをされているそうで 竹の曲線の美しさをお花の作品に生かしたい という事で体験に来て下さいました。 お二人ともいつ…

続きを読む