春はもうすぐ

皆さまこんにちは! 日ごとに暖かさを増し 木も花もつぼみをふくらませて 春めいてきた今日この頃❀.+ もうすぐは〜るですねえ〜♬ 最近、春一番を口ずさんでしまう市川です♪ 先日、 教室の生徒さんで筍農家さんの竹林へ 見学に行って来たのですが 土中から小さな筍が ひょっこり顔と出しておりました!! なんとも言えない 可愛いらしい頭をしておりますね♪ 筍の成長には 土の状態が大きく影響し 柔らかく粘土質な土をかけてあげることで 色の白いふっくらと柔らかな美味しい筍が出来るのだそう! また、竹を整備して日当たりの良い綺麗な竹林を維持することで 翌年も良い筍が取れるのだそうです。 とても綺麗な竹林で感動でした!! 竹の葉の色で その年の豊作具合が分かるのだそうで 今年は青々と濃い色の葉なので 豊作になりそうだと仰っていました! これから収穫の時期に入り 忙しくなるそうなのですが 筍の可愛い頭を発見して 掘りたくてうずうずしてしまった市川なのでした! **** 【3月23日(土)教室の様子】 教室体験 本日も体験の方がこられて 『世界にひとつだけの花籃』 を制作してい…

続きを読む

竹皮舟にのせて

皆さま、こんにちは。弟子の林です。 この時期になりますと皆さまのご自宅でも雛人形を飾られる頃でしょうか。 雛祭りは元々邪気や厄を払うための行事で人形に自分の邪気をうつして川に流すという「流し雛」が行われていたそうで、これが時代を経て雛人形として家に飾る形式となったそうです。 この流し雛という風習は吉野川流し雛として今も残っており千代紙や色紙で作った雛人形を竹の皮の舟に乗せて川に流すそうです。 雛祭りとは関係ありませんが昔はよく笹舟を作って 川に流して遊んでいたのを思い出します。今回はこんな所にも竹が使われておりなんだかうれしい気持ちになりご紹介させて頂きました。 季節の変わり目でもありますので皆さまにおきましてもどうぞ体調にはお気をつけ下さいませ。 **** 【3月2日(土)教室の様子】   今日も工房は皆さまの熱気に包まれていました。 **** こちらの方は中級課題『網代編み 筥』の立ち上げをされていました。 真剣な面持ち...立ち上げはこての温度が高すぎると生地が焦げてしまったり逆に低すぎると皮が弾けてしまったり少しコツのいる工程になるため慎重に作業されていました。 **** こちらの方は初級課題を仕上げられました。コースターも黒竹を織り混ぜて素敵な模様を出されていました。 すごく熱心に作業をされてまして、まだ入られて一年も…

続きを読む