門松作り&クリスマス会

皆さま、こんにちは。弟子の林です。 今年は暖冬という事もあり暖かいなと感じる日も多いですが皆さま如何お過ごしでしょうか? 12月も慌ただしく過ぎていきクリスマスが終わればもうお正月。皆さまお節やお正月飾りの準備を始められるかと思います。 教室でも毎年、門松を作りたいという方には普段の制作とは別で門松や青竹のお箸削りの時間を設けています。 と言う事もあり改めて門松について調べてみると門松は歳神様を家にお招きする目印であり依り代の意味合いがあるそうです。竹工芸教室ということもあり、竹に注目してしまいがちですがその主役は名前からもあるように松になります。 門松の由来としては『小松引き』と言う平安時代の宮廷儀礼にまで遡るそうで初子の日に小松を引き抜いて持ち帰り長寿を祈願したそうです。 そんな門松作りの模様は後程詳しくご紹介したいと思います。 **** 【12年22日(土) 教室の様子】 今日もそれぞれの課題を皆さま熱心に制作されています。 こちらの方は網代の筥を制作されています。通常は一つ作ると次の課題に進まれますが技術を身に付けるため5つを目標に制作されるそうです。基本的に蓋を後に作るため、いつも蓋の方が綺麗に出来るそうで、次こそはと熱心に取り組まれる姿勢は本当に素晴らしいです。 こちらの方はお二人とも鉄鉢と言って輪弧編みという編み方を使った籃を制作されています。お二人とも底編みの段階でとても苦労をされていたので遂に立ち上がりの所まで来られたと少し感慨深いも…

続きを読む

オリジナリティ

皆さまこんにちは! ここ2、3日の冷え込みで 寒さが身にしみる季節になり マフラーと手袋が欠かせない 弟子の市川です! この寒さで 工房の紅葉も美しい 落ち葉のじゅうたんとなりました。 (可愛いらしく落ち葉アートをしてみました 笑) そんな寒さに負けず お庭には綺麗な菊の花が 綺麗に咲いています! 嵯峨菊(さがぎく) 菊といえば 竹工芸や竹細工の編み方にも 『菊底』 『二重菊底』 という名前の編み方があります。 これは名前の通り 底の編み模様が菊の花に似ていることが 名の由来になっていて 円形の竹笊や竹籠 花籃などによく用いられる技法です。 まだまだ沢山の編み方がありますので 今後もご紹介出来たらと思います! **** 【12月8日(土)教室の様子】 教室体験 本日も、体験の方がお一人こられ 『世界にひとつだけの花籃』 を作っていただきました! こちらの方は ご近所に生えている竹藪の竹を 上手に活用してカゴなどを 制作したいと思われ 今回、体験にいらしてくださいました! 毎回、テーマを決めて 制作していただくのですが 『友達 繋がり』 というテーマで 手を繋いでいるのイメージを 編みでどう表現するかを 試行錯誤されていましたが …

続きを読む