茶籃 磯部

皆さまこんにちは。 弟子の市川です。 連日の猛暑が続いておりますが 皆さまいかがお過ごしでしょうか。 前回7月7日の教室は大雨のため お休みさせて頂き皆さまには ご迷惑をお掛け致しました。 7月7日に降る雨の事を 『催涙雨 さいるいあめ』と呼びます。 織姫と彦星が出会えず流した涙が 雨になるのだとか。。。 そんな織姫と彦星のお話は有名ですが 七夕にかかせない笹飾(かざ)りや 短冊に願い事を書いて竹に飾るのは なぜだかご存知でしょうか? 七夕は1年に4つある節句のうち 『竹の節句』です。 昔から竹は根がとても強くて 成長が早く生命力の象徴とされ また中が空洞になっているので そこに神霊が宿ると考えられていたそうで ご先祖様が地上に降りる目印といわれており こうした事から神聖な竹に 願い事をするようになったのだそう。 私の今年の願いは、 各地で多くの自然災害による 被害が出ておりますが 被害に遭われた方々の事を思うと 胸がつまります。 1日も早い復旧がされますよう お祈りしております。 **** 【7月21日(土)教室の様子】 教室体験 本日体験の方がお一人来られ 『世界にひとつだけの花籃』 を作られました…

続きを読む