"竹工芸"教室

皆さまこんにちは。 弟子の林です。 暑い日が増えてきましたが 皆さま体調など崩されてないでしょうか。 先日、京都の四条通りを歩いていると 祇園祭で演奏されるお囃子の音が聞こえてきました。 コンチキチンという笛や太鼓 鉦(かね)の音が作り出す 独特のこの音色を聞くと 京都の町もお祭りムードが高まり 本格的な夏の到来を感じさせます。 元々、祇園祭は 西暦869年、全国で疫病が大流行した際に 疫病退散を祈願したお祭りで 1000年以上前から続く伝統行事です。 この時に演奏されるお囃子は 疫病の元となる悪霊を呼び寄せる役割があるそうです。 祭りの本番ではこの賑やかなお囃子の音色と共に 様々な山や鉾が京都の町を練り歩き その楽しい雰囲気に誘われた悪霊たちを その日の内に鉾町に持ち帰り 蔵に封じ込めて悪霊たちを追い払うそうです。 遥か昔から人々の健康を願う切実な思いが 祇園祭として今日まで続いてきた事を改めて感じました。 今も昔も夏は体調を崩しやすい季節ですので 皆さまも健康には留意され この夏をお過ごしになって下さい。 **** 【6月16日(土)教室の様子】 今日の教室は皆様ゆったりとした雰囲気で作業をされていました。 この方は初級の第一課題の亀甲の立ち上げをされていました。 下の写真は籃の底に入れる張り竹になります。 こちらの方は…

続きを読む