「竹への誘い東京編 名品の数々に大興奮!!」 田辺竹雲斎工房 智美術館ツアー

はじめまして、弟子の本田でございます。 雨に映える紫陽花の花も美しい季節になりました。 我が家の子供たちの話題も、毛虫から、ナメクジへと変わり、 ナメクジの柄の美しさを熱く語ってくれています。 子供の視線で見る雨は、雨音が弾む楽しいもののようです。 雨の予報で心配されていましたが、 気持ちのよい晴天のなか 2018年5月19日(土) 田辺竹雲斎工房竹教室主催の 菊池寛実記念智美術館のツアーが開催されました。 今回のツアーは、菊池寛実記念智美術館で現在行われている 「線の造形、線の空間―飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸」 という展覧会の見学、 展覧会内での 四代田辺竹雲斎先生のスペシャルトーク、 銀座の一穂堂ギャラリー様で開催中の 「飯塚小玕齋とその弟子展」の見学が目的でした。 ツアーは美術館内にある フレンチレストラン「ヴォア・ラクテ」での ランチタイムから始まりました。 このレストラン名は フランス語で“天の川”を意味しています。 ディナータイムは 天の川を思わせる光が天井に瞬き、 ロマンティックな空間になるようです。 ランチタイムのレストラン内は 開放的な三面ガラスの壁越しに とても美しい日本庭園が広がり、 ここがビルの立ち並ぶ東京であること忘れ、 ゆったりとしたひと時を過ごすことができました。 (レストラン内より) 私が頂いたのは 大山鶏モモ…

続きを読む