2018年06月20日

"竹工芸"教室


皆さまこんにちは。
弟子の林です。

暑い日が増えてきましたが
皆さま体調など崩されてないでしょうか。

先日、京都の四条通りを歩いていると
祇園祭で演奏されるお囃子の音が聞こえてきました。

コンチキチンという笛や太鼓
鉦(かね)の音が作り出す
独特のこの音色を聞くと
京都の町もお祭りムードが高まり
本格的な夏の到来を感じさせます。

元々、祇園祭は
西暦869年、全国で疫病が大流行した際に
疫病退散を祈願したお祭りで
1000年以上前から続く伝統行事です。

この時に演奏されるお囃子は
疫病の元となる悪霊を呼び寄せる役割があるそうです。
祭りの本番ではこの賑やかなお囃子の音色と共に
様々な山や鉾が京都の町を練り歩き
その楽しい雰囲気に誘われた悪霊たちを
その日の内に鉾町に持ち帰り
蔵に封じ込めて悪霊たちを追い払うそうです。
遥か昔から人々の健康を願う切実な思いが
祇園祭として今日まで続いてきた事を改めて感じました。

今も昔も夏は体調を崩しやすい季節ですので
皆さまも健康には留意され
この夏をお過ごしになって下さい。



****



【6月16日(土)教室の様子】

今日の教室は皆様ゆったりとした雰囲気で作業をされていました。


2018616 教室_180620_0024.jpg


この方は初級の第一課題の亀甲の立ち上げをされていました。
下の写真は籃の底に入れる張り竹になります。


2018616 教室_180620_0009.jpg



2018616 教室_180620_0064.jpg


こちらの方は第一課題の亀甲を終えられ
次の課題である黒竹の四ツ目籃の制作に入られました。


2018616 教室_180620_0054.jpg


初級の第二課題以降、黒竹を使った課題が続きますが
これらの課題のひご取りは
全てこの様に小刀で厚みを揃え、
面取りも小刀で行って頂きます。


2018616 教室_180620_0016.jpg


2018616 教室_180620_0061.jpg



これらの作業は普通であれば
銑(せん)という道具を使って一定に厚みを揃えたり
幅取り小刀を使って
ひごの角を落とす面取りを行ったりします。
その方が一定にひごを取ることが出来ますし
ひご取りのスピードも速いです。

ではなぜ小刀を使って削るのか。
そこにこの教室が竹細工教室ではなく“竹工芸”教室である
理由があると思います。

私はこちらで弟子入りさせて頂く前に
2年間大分で竹の勉強をさせて頂きました。
その間に大分や九州の他の県を回り
色んな職人さんと出会い、作られている物を
見させて頂く機会がありましたが
その中でも印象深かったのが
青物と呼ばれる農具などに使われる竹細工でした。

竹細工、青物と言うと歴史的にみると
社会的に身分の低い人々によって作られていたり
農家の方が農閑期に作られたり
程度の低い物として見られていた節があります。

しかし、私が出会った籠たちは
農具などの用としての要素を満たしているだけでなく
形や色、艶、その籠が持つ雰囲気など
決して工芸品にも劣らぬ
何とも言えぬ美しさがありました。
先生がいつも“味わい深さ”という言葉を使われますが
それに近いものをその中に感じたように思います。

先ほどの話に戻りますが
銑(せん)などの道具を使えば
一定にかつ速くひごを取ることが可能です。

その反面、誰が取っても同じ表情になるため
その人らしさを表現するのは難しくなります。

一方、手で削るのは時間がかかりますが
その分、その人の思いや個性を
たった一本のひごで表現することも可能です。

竹細工と竹工芸
どちらにも味わい深さがあり美しいものです。
しかし、それぞれの目的の違いから
作るものや技術、考え方が大きく異なります。
私はこの教室で、竹雲斎工房が初代から培ってきた
竹工芸としての技術、精神、伝統を多くの皆様に知って頂き
今後も守り繋いでいければ考えています。
今回の教室は自分にとってもそういった思いを新たにする教室の時間でした。



****



【次回教室の予定】

7月7日(土) 7月21日(土)
8月4日(土) 8月25日(土)

8月は第1土曜、第4土曜日になっておりますので、お気をつけ下さいませ。
また8月4日の教室では工房にて流しそうめんをメインに
納涼祭を行いますので皆さま是非ご参加下さい。


【展覧会情報】
●「線の造形、線の空間」●
飯塚琅玕斎と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸
2018年4月14日(土)〜7月16日(月祝)


現在、東京の智美術館で開催されております「線の造形、線の空間」。
竹工芸の名家である田辺家、飯塚家両家の歴代の作品群、
竹工芸の過去・現在・未来をテーマに制作した
約7mのインスタレーション作品も展示されております。
6月より展示作品が総入れ替えとなり
後期展も見ごたえのある作品ばかりですので
一度ご覧になられた方もまだご覧になられていない方も
お近くにお越しの際は是非ご高覧下さいませ。


菊池寛実記念 智美術館
〒105-0001 東京都港区虎ノ門 4-1-35 西久保ビル
(最寄り駅: 銀座線・虎ノ門駅: 出口3より徒歩10分)
http://www.musee-tomo.or.jp



****



●「空(くう)を割く 日本の竹工芸」●
2018年11月27日(火)〜2019年4月7日(日)

ケ・ブランリ美術館
37, quai Branly - portail Debilly 75007 Paris
(最寄り駅: 地下鉄 アルマ・マンソー(Alma-Marceau)駅、
ポン・ドゥ・アルマ(Pt. de l'Alma)駅、ビラケム(Bir Hakeim)駅下車。)
http://www.quaibranly.fr/en/(フランス語、英語のみ)


●「ART SEOSON 2018」●
2018年3月31日〜11月4日

The Domaine de Chaumont sur Loire. フランス ロワール地方古城
フランスのロワール地方にあるショーモン城という古城にて
ART SEOSON 2018という展覧会が開かれております。
今年で10周年になる2018年は、世界から15名のアーティストが招待され、
ショーモン城内・庭園などにインスタレーション作品を滞在制作。
四代田辺竹雲斎はショーモン城に隣接する近代農場の一室
に竹のインスタレーション「CONNECTION−根源−」を制作しました。

http://www.domaine-chaumont.fr/ja/homu(日本語あり)



****



教室に興味のある方、申し込みご希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 21:15| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

竹の七不思議

皆さまこんにちは。
弟子の市川です。
 
 

6月に入り、
青葉若葉の季節となりました。
工房の竹も太陽に照らされてキラキラと輝いております。
201862 教室_180604_0040.jpg

 
 
 


前々回のブログで登場した金明竹(キンメイチク)ですが、
小さかった筍達はすくすくと成長しまして

 

1ヶ月程で3メートル強にまで
育っております!

S__2285584.jpg
屋根まで届きそうな勢い!

竹の生命力は本当に凄いですね!!

 

 
 
そんな金明竹(キンメイチク)に
 

 
なんと!
 

なんとっ!!
 
 

花が咲いたのです!!!
201862 教室_180604_0042.jpg
 
 
 
白くて細長い花です!


竹の開花は
竹の七不思議の一つといわれるほど、
珍しい貴重な出来事なのです!!
 
 

何故かといいますと

竹の種類によって
開花時期は異なりますが
およそ60年から120年周期で
あると言われています。
この生態はまだ不明な部分が多く
解明されていないそうなんです。
 
 
 
 
竹雲斎先生も工房で竹の花を見たのは
中学生の時以来だと仰っておりました。


 
果たして次はいつ見られるのでしょうか?!

 
竹の謎が深まりながらも
とても貴重な場面を奇跡的に
遭遇する事が出来て嬉しい市川でした!
 

 
 
****
 
 

 
【6月2日(土)教室の様子】
 
 
教室体験

本日は三名の方が体験にお越し下さいました。
 
午前の部は、
ご夫婦でご参加いただきました。


 
奥様はご自宅のお庭に咲いている
白やピンク色の紫陽花を
生けたいとの事で、
それに合う花籠をイメージされて
丁寧に制作されていました。

 



S__2285586.jpg
旦那様はどんなテーマで制作するかを
とても真剣に考えていらっしゃり
時間ギリギリまで
色々な形を試されておりました。
 




201862 教室_180604_0035.jpg 
竹ヒゴを四ヶ所 上で留める事で
持ち手のような雰囲気に。
どの角度からでも
生けられるようになっていて
紫陽花を生けるのが楽しみですね。
 
 

 
201862 教室_180604_0034.jpg 
 
左右にアシメントリーな形に
制作されていて
竹ヒゴが空に向かって伸びていく様子が
優しくも力強い印象の花籠です。
 

お二人とも真剣に制作されていて
とても素敵な作品が完成されました。

 


午後の部では、
金沢からお越しくださり
参加いただきました。
 
 
とても熱心に
竹工芸について質問されていて
竹のしなやかに曲がる特性を
上手に生かして
黙々と制作されていました。

 
 
IMG_7921.JPG

竹ヒゴの曲線が綺麗にまとまっていて
まあるい優しい雰囲気が伝わる
作品となりました!
 
 
 
どの作品も表情があり
味わいのある素敵な作品です。
 
完成おめでとうございます!
 
 

 
****
 

 
 
 
教室は今回も
とても賑やかな制作時間となりました!
IMG_7864.JPG
 
 
 
 
初級課題の
『亀甲編み 小物入れ』
お二人同時に完成されました。

201862 教室_180604_0017.jpg
 
 
 
納得のいく仕上がりになるまで
何度も作り直していらっしゃったので
その熱意が感じられます。
 
 
お二人の素敵な笑顔で
完成の喜びが伝わってきます。
初めての作品なら尚更のことですね!
 
 
完成おめでとうございます♪♪
 
 

 
****
 
 
 

こちらの皆さまは
真剣に黙々と制作されていらっしゃいます。

201862 教室_180604_0039.jpg
 
 
 

中級課題の
『亀甲編み 黒竹 堤籃』バックを
完成されました!

S__2285587.jpg


せっかくなので、
バックをお持ちいただいて
記念撮影させて頂きました!

201862 教室_180604_0033.jpg


今日の爽やかなカジュアルな服装にも
とてもお似合いですね♪

涼しげな浴衣にも似合うと思います。
 

 
持ち手を黒竹で曲げて作りたい!
と、こだわって制作されていて
 
持ち手の曲げ角度や取り付け位置を
先生と何度もご相談されていて

 
持ちやすくて、腕にフィットする
普段にも使いやすい
形に仕上げられました。
 
 
 
これからの季節にピッタリ
大活躍間違いなしの
素敵な作品となりました!
 
 
 
完成おめでとうございます♪
 

 
ご自宅でバックの内布を
取り付けたいとの事なので
さらなる仕上がりを
楽しみにしております!
 
 

 
 
****
 

 
 
 
こちらの方は
中級課題『鉄線編み 盛り皿』
の竹ヒゴ作りをされている所です。

201862 教室_180604_0037.jpg
 
 
 
 
この作品の材料は
厚み1.1ミリの竹ヒゴを
さらに二枚にへいでいくのですが
 
 
これがなかなか難しいのです。
 
 
二枚にへぐ時に同じ厚みで
いかなければならないので
鉈を動かす角度や力を調整しながら
 
途中でヒゴが切れないように
とても慎重に作業されていました。
 
 

 
 
****
 
 

 
こちらの方は
初段課題の『貴婦人花籃』
を制作されていらっしゃいます。

201862 教室_180604_0038.jpg
 
 
左手に火曲げコテを持って
コテをガスコンロの火で温めてから
作りたい形にする為に
竹ヒゴに熱したコテを当てて
曲げていきます。

 

ペットボトルのお茶は
コテ曲げする時に
少しでも作業しやすいよう
籃が動かないように
重りの代わりに置いています。
 
 
 
全て同じ位置で、同じ角度で
曲げていかなければならないので
一本一本慎重に火曲げされていました。

S__2293775.jpg

この後どんな形に仕上がっていくのか
私も楽しみです。
 
 

 
****
 
 
 
こちらの作品は
ご自宅で生徒さんが
オリジナルで作られた作品
『一輪挿し』
を持ってきてくださりました。

IMG_7925.JPG
 
 
可愛い!
思わず叫んでしまいました!
 
 
白竹と黒竹を二種類使い
まあるく球状に編んで
竹の筒を上手に使って、
高台とミニおとしを作られています。


小さなピンクのお花が
一輪挿に合っていて
とても可愛いらしい作品ですね。

 
 
近々商品化も夢じゃないかも?!
 
 
 
次回作も楽しみにしております♪
 
 
 
 
****
 
 
 
おやつタイムでは
今回も沢山のお菓子を
お持ち寄り頂きました!
みなさま美味しいお菓子を
いつもありがとうございます!


今回なかでも一際目立つ物が!
 
 
 IMG_7916.JPG
 
 
トマトを頂きました!!
 

 
なんて真っ赤なトマトなんでしょう!
ツヤツヤと光っていて良い香り!

 
糖度7度と甘くて、ジューシー♪


今回はいつも以上に
生徒さん達のお話しが盛り上がり、
とても賑やかな会となりました。

IMG_7898.JPG

みなさま本当にありがとうございます。
ごちそう様でした!
 

 
 
****
 
 

 
【次回教室の予定】
 
 
6月16日(土)
7月   7日(土) 7月21日(土)
 
 

****
 
 

 
【展覧会情報】
 
現在、
東京の智美術館で開催されております
『線の造形、線の空間』
飯塚琅玕斎と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸
 
竹工芸の名家である
田辺家、飯塚家二つの名家の歴代の作品
 
竹工芸の過去・現在・未来をテーマに
制作した約7mのインスタレーション作品も
展示されております。
又、6月6日からの後期の展示作品も
総入れ替えとなりますので
お近くにお越しの際はは是非ご高覧くださいませ。

※6月5日は展示替えの為、休館になります。

●「線の造形、線の空間」●
飯塚琅玕斎と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸
2018年4月14日(土)〜7月16日(月祝)

スペシャルトーク
○6月16日 (土)15時〜
『琅玕斎を中心に飯塚家の制作について』
鈴木さとみ氏(栃木県立美術館学芸員)
*申込不要・要観覧券

菊池寛実記念 智美術館
〒105-0001 東京都港区虎ノ門 4-1-35 西久保ビル
(最寄駅: 銀座線・虎ノ門駅: 出口3より徒歩10分)
http://www.musee-tomo.or.jp
 
 

 
教室に興味のある方、申し込みご希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968
 
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

「竹への誘い東京編 名品の数々に大興奮!!」 田辺竹雲斎工房 智美術館ツアー

はじめまして、弟子の本田でございます。

雨に映える紫陽花の花も美しい季節になりました。
我が家の子供たちの話題も、毛虫から、ナメクジへと変わり、
ナメクジの柄の美しさを熱く語ってくれています。
子供の視線で見る雨は、雨音が弾む楽しいもののようです。

ajisai0603.jpg


雨の予報で心配されていましたが、
気持ちのよい晴天のなか
2018年5月19日(土)
田辺竹雲斎工房竹教室主催の
菊池寛実記念智美術館のツアーが開催されました。


今回のツアーは、菊池寛実記念智美術館で現在行われている
「線の造形、線の空間―飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸」
という展覧会の見学、
展覧会内での
四代田辺竹雲斎先生のスペシャルトーク、
銀座の一穂堂ギャラリー様で開催中の

「飯塚小玕齋とその弟子展」の見学が目的でした。


tomoomote0603.png


ツアーは美術館内にある
フレンチレストラン「ヴォア・ラクテ」での
ランチタイムから始まりました。
このレストラン名は
フランス語で“天の川”を意味しています。
ディナータイムは
天の川を思わせる光が天井に瞬き、
ロマンティックな空間になるようです。


ランチタイムのレストラン内は
開放的な三面ガラスの壁越しに
とても美しい日本庭園が広がり、
ここがビルの立ち並ぶ東京であること忘れ、
ゆったりとしたひと時を過ごすことができました。



resutoran_fuukei0603.jpg
(レストラン内より)


私が頂いたのは
大山鶏モモ肉の香草グリエでしたが、
とてもボリュームがあり、
お家ではできないオシャレな味に、思わずにっこり。
ツアー参加者の皆様も
美味しいお食事に笑顔で、
お話も弾んでいるようでした。


syokuji0603.jpg


落ち着いた店内の雰囲気、
さりげないスタッフの皆様のお気遣い、
大切な方とのお食事にぴったりなお店だと思います。



お腹も満たされ、
お待ちかねの美術館内の見学です!

 

受付からちらりと見える、
四代田辺竹雲斎先生の
巨大なインスタレーション作品が
ツアーの皆様を出迎えてくれました。


insuta0603.jpg


天井から溢れる柔らかな光と、
竹のインスタレーション作品、
螺旋階段のガラスの手すりは
宝石のような光を放ち、
美術館内の落ち着いた照明と相まった
幻想的な雰囲気の中で
作品を楽しんでいただけます。
ツアーの皆様も
螺旋階段を降りながら「わぁ〜!」と
思わず心の声が漏れていました。


なんと、
美術館内で唯一撮影ができるのが
このインスタレーション作品の前で、
この大きな作品と一緒に記念撮影ができます。
私たちも勿論記念に一枚!


syuugou_insuta0603.jpg


美術館内の展示もとてもこだわりを感じられます。



照明を落とした室内に
スポットライトで
1つ1つの作品が浮かび上がるように展示されています。


そして、田辺家・飯塚家の代々の名品が
一同に見ることができる
とても贅沢な展覧会でございます。
私は終始興奮が収まらず、
いっそ美術館に泊まりたいと、
どこにお布団を敷くかまで考えてしまいました。
そんなことができたら、幸せですね。


スペシャルトークは
会場を埋め尽くすお客様で、
もの凄い熱気とともに始まりました。
熱心にメモをとられる方もいらっしゃり、
皆様の真剣な眼差しがとても印象的でした。


talk_fuukei0603.jpg


四代竹雲斎先生はもちろん、
飯塚小玕齋先生のお嬢様、飯塚万里様、
虎竹を育てて下さっている
高知県にある虎斑竹専門店
竹虎の山岸様のお話もお伺いすることができました。



竹雲斎先生と飯塚万里様のお話では、
「ずっと、このような飯塚家と田辺家の展覧会がしたいですね」と
お話しされていて、
それが実現できたのが
この展覧会だということを初めて知り、
なんだか感動してしまいました。


withiidukasama_0603.jpg


また、山岸さんのお話では、
私たちがインスタレーション作品で
使わせていただいている虎竹が
いかに特別な竹であるのか、
栽培がとてもデリケートなことなどがよくわかり、
今まで以上に虎竹に対する愛着が湧いてきました。

with_taketorasama0603.jpg



竹雲斎先生のお話は、
田辺家の歴代の作風について、
竹の素材や技術についてなど、
お話も多岐にわたりとても勉強になりました。

 
6月5日は展示替えのため休館ですが、
前期とはまた展示作品もガラリと変わるようです。
是非、後期の展示にも行ってみたいですね。
 www.musee-tomo.or.jp/




菊池寛実記念智美術館の後は、
銀座の一穂堂ギャラリー様にて行われていました
「飯塚小玕齋とその弟子展」の
見学へ参りました。


この展覧会も
私たちが今回のツアーで
楽しみにしていたものの1つです。
銀座が歩行者天国になり、
ゆったりとした時間の流れる一角に
その素敵なギャラリーはあります。


一穂堂様に足を踏み入れた瞬間に
落ち着いた上品な空間、
素晴らしい作品の数々に
心が奪われてしまいました。


飯塚琅玕齋先生、
飯塚小玕齋先生の作品、
小玕齋先生のお弟子さんの
松本破風先生、
武関翠篁先生、
大木淑恵先生の
作品を拝見することができました。
どの作品からも先生方の竹に対する思い、
技術に対する情熱、
温かいお人柄を感じました。


実際、
先生方とお話しする貴重な機会があり、
修行時代のお話や作品についてお教えいただきました。
私たちも一層気を引き締めて
竹工芸に取り組みたいと思いました。



大勢でお邪魔したにも関わらず、
温かく迎えて下さいました
飯塚万里様、
先生方、
一穂堂ギャラリーの青山様、
スタッフの皆様、
誠にありがとうございました。

ippodousama0603.jpg
www.planup.co.jp/

夕食では美味しいお料理と、
一日の感想、
菊池寛実記念智美術館や
一穂堂ギャラリー様で
拝見した作品のお話でとても盛り上がりました。

dinner0603.jpg


教室の皆様とも
とても楽しく充実した時間を過ごすことができ、
思い出に残る一日になりました。

遠方より参加して下さいました皆様、
誠にありがとうございました。
このようなツアーに初めて同行させていただき、
緊張の連続で至らない点もたくさんあったと思います。
暖かく見守って下さった皆様には、心よりお礼申し上げます。


horse0603.jpg

posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする