"竹工芸"教室

皆さまこんにちは。 弟子の林です。 暑い日が増えてきましたが 皆さま体調など崩されてないでしょうか。 先日、京都の四条通りを歩いていると 祇園祭で演奏されるお囃子の音が聞こえてきました。 コンチキチンという笛や太鼓 鉦(かね)の音が作り出す 独特のこの音色を聞くと 京都の町もお祭りムードが高まり 本格的な夏の到来を感じさせます。 元々、祇園祭は 西暦869年、全国で疫病が大流行した際に 疫病退散を祈願したお祭りで 1000年以上前から続く伝統行事です。 この時に演奏されるお囃子は 疫病の元となる悪霊を呼び寄せる役割があるそうです。 祭りの本番ではこの賑やかなお囃子の音色と共に 様々な山や鉾が京都の町を練り歩き その楽しい雰囲気に誘われた悪霊たちを その日の内に鉾町に持ち帰り 蔵に封じ込めて悪霊たちを追い払うそうです。 遥か昔から人々の健康を願う切実な思いが 祇園祭として今日まで続いてきた事を改めて感じました。 今も昔も夏は体調を崩しやすい季節ですので 皆さまも健康には留意され この夏をお過ごしになって下さい。 **** 【6月16日(土)教室の様子】 今日の教室は皆様ゆったりとした雰囲気で作業をされていました。 この方は初級の第一課題の亀甲の立ち上げをされていました。 下の写真は籃の底に入れる張り竹になります。 こちらの方は…

続きを読む

竹の七不思議

皆さまこんにちは。 弟子の市川です。     6月に入り、 青葉若葉の季節となりました。 工房の竹も太陽に照らされてキラキラと輝いております。       前々回のブログで登場した金明竹(キンメイチク)ですが、 小さかった筍達はすくすくと成長しまして   1ヶ月程で3メートル強にまで 育っております! 屋根まで届きそうな勢い! 竹の生命力は本当に凄いですね!!       そんな金明竹(キンメイチク)に     なんと!   なんとっ!!     花が咲いたのです!!!       白くて細長い花です! 竹の開花は 竹の七不思議の一つといわれるほど、 珍しい貴重な出来事なのです!!     何故かといいますと 竹の種類によって 開花時期は異なりますが およそ60年から120年周期で あると言われています。 この生態はまだ不明な部分が多く 解明されていないそうなんです。         竹雲斎先生も工房で竹の花を見たのは 中学生の時以来だと仰っておりました。   果たして次はいつ見られるのでしょうか?!   竹の謎が深まりながらも とても貴重な場面を奇跡的に 遭遇する事が出来て嬉しい市川でした!       ****       【6月2日(土)教室の様子】     …

続きを読む

「竹への誘い東京編 名品の数々に大興奮!!」 田辺竹雲斎工房 智美術館ツアー

はじめまして、弟子の本田でございます。 雨に映える紫陽花の花も美しい季節になりました。 我が家の子供たちの話題も、毛虫から、ナメクジへと変わり、 ナメクジの柄の美しさを熱く語ってくれています。 子供の視線で見る雨は、雨音が弾む楽しいもののようです。 雨の予報で心配されていましたが、 気持ちのよい晴天のなか 2018年5月19日(土) 田辺竹雲斎工房竹教室主催の 菊池寛実記念智美術館のツアーが開催されました。 今回のツアーは、菊池寛実記念智美術館で現在行われている 「線の造形、線の空間―飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸」 という展覧会の見学、 展覧会内での 四代田辺竹雲斎先生のスペシャルトーク、 銀座の一穂堂ギャラリー様で開催中の 「飯塚小玕齋とその弟子展」の見学が目的でした。 ツアーは美術館内にある フレンチレストラン「ヴォア・ラクテ」での ランチタイムから始まりました。 このレストラン名は フランス語で“天の川”を意味しています。 ディナータイムは 天の川を思わせる光が天井に瞬き、 ロマンティックな空間になるようです。 ランチタイムのレストラン内は 開放的な三面ガラスの壁越しに とても美しい日本庭園が広がり、 ここがビルの立ち並ぶ東京であること忘れ、 ゆったりとしたひと時を過ごすことができました。 (レストラン内より) 私が頂いたのは 大山鶏モモ…

続きを読む