はじめまして。

皆さま、はじめまして。 今年4月から市川と共に弟子入りさせて頂きました 林と申します。 これから教室や工房の事、 竹工芸の魅力について 自分なり感じた事を皆さまにお伝えできればと思います。 これからどうぞよろしくお願い致します。 この日は立夏と言うにふさわしく、暑い一日となりました。 ところで、皆さんは立夏の末候をご存知でしょうか? 調べて初めて知ったのですが、5/15~19頃を 竹笋生(たけのこしょうず)と呼ぶそうです。 こんな時期に?と思われる方も多いと思いますが、 一般的に食べられる筍である孟宗竹(もうそうちく)と違い、 淡竹(はちく)や根曲がり竹の筍は 5月から6月にかけて収穫され、 孟宗竹の筍に劣らず美味と聞きます。 前回ご紹介させて頂いたように 工房前の金明竹(きんめいちく)の筍がぐんぐん成長していますが、 生命力が強いが故に、時に困ったところから生えてしまった筍もあります。 そこで先生のお母様がこのように筍を活けて下さいました! 今回の教室ではこの筍達と皆さんをお出迎えです。 **** 5月12日(土)の教室の様子 まさに立夏にふさわしく、皆さんの熱気に包まれていました! 初級の第一課題の亀甲や、 第二課題以降の黒竹の四ツ目や掛花籃の 制作をされています。 **** こちらの方は初級の第一課題である亀甲編みの盛り籃を 制作されていました…

続きを読む