教室、そして…熱い納涼祭!

まだまだアイスや素麺、そして冷えたビールが美味しい季節が続きますね。 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。弟子の佐野です。 さてさて本日は教室の後に毎年恒例の納涼祭を催しました。 詳しいレポートは本ブログの後半で・・・。 ———————————————————— <8月19日(土)の 教室> 落とし(竹製の花器)を制作している生徒さんを発見! 写真:右の網代編みの花籃に入れる落としの制作途中で、適当で均等な厚みを残し表皮部分を削りとった後 紙やすりをかけているところです。教室の課題作に落としの制作は無いので、なかなか珍しい光景です。 落としが仕上がったら花籃と一緒に染色されるそうです。今から完成が楽しみですね。 ————— 本日は外国からのお客様がいらっしゃいました。 アメリカを拠点に活動されている竹のアーティストの方でこの道なんと18年! 9歳の息子さんと来日されて、今日一日教室に参加してくださいました。 ご自身の活動では「編む」作業は殆どしないそうですが、 そんなことは感じさせること無くあっという間に 籃バッグを仕上げておられました。す、すごい! ————— 【その他教室の様子です】 ・皆さんご自身の作業に没頭されています。真面目な生徒さんばかりで頭が下がります。 ] ・私も含め「入門して間もない組」。真剣に説明を聞いてくださるので私も気合いが入ります。 ・先生自ら作品説明。おやつの時間も生徒さんは勉強…

続きを読む

成美先生が来てくださいました!

こんにちは、弟子の中村です。 8月に入り、日差しの強い日も多いですね。 教室に来られる時に、おしゃれな日傘や素敵な帽子や麦わら帽子を被って来られる方がいらっしゃいます。 皆様それぞれが似合ったものを被っていらっしゃるので、 私も自分に似合う帽子を探したいなと思いました! 熱中症対策も楽しんで暑い夏を過ごしたいです。 まだまだ暑い日が続きますので 無理をせず身体に気を付けてお過ごしくださいませ。 8月5日(土) 体験の方が1人いらっしゃって、 「世界に一つだけの花籃」を制作していただきました。 とてもはやく四つ目編みを編まれていました。 編む練習をしていただいた後に様々な形を作られていました。 編んではほどいて、編んではほどいて、と色々と試されて悩まれていた様子でした。 最後の仕上げている作業も、どこから竹ヒゴをさして、どんな方向に出すのか、 一つ一つ丁寧に決められていました。 上にまとめられている竹ヒゴのラインがゆったりと上に伸びていてるところが とても素敵だと思います。 完成おめでとうございます! 実は今回、 7年前の竹教室の開始当初より講師を務めていました成美先生が 赤ちゃんを連れて教室へ来てくださいました! とっても可愛い女の子の赤ちゃんです。 生徒の皆様が成美先生の赤ちゃんを代わる代わる抱っ…

続きを読む