暑中お見舞い申し上げます。

こんにちは、弟子の佐野です。 蝉の大合唱が夏空に響く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 (今年の梅雨はどこにいってしまったのでしょうか。) おかげさまで東京襲名展(日本橋髙島屋)を無事に終えることができ、 工房にも落ち着いた日常が戻ってまいりました。 ===7月23(土)教室の様子です=== <ワークショップ(体験教室)> 本日は3名の方にご参加いただきました。(四ツ目編みをベースとした創作花籃) 話しかけるのが憚るほど皆様とても熱心に制作されていました。 一心不乱に創作されている姿が素敵です。 先生による手直し。竹ヒゴの先端を斜めに切り落とすだけで雰囲気がぐっと変わります。考えすぎない方が良い作品が生まれやすいようですが、、、それこそがむずかしいですよね。 <ちょっとややこしい編み方:輪弧編み、鉄線編み> 教室の生徒さんがむずかしい編みに挑戦されていたのでご紹介します。 〜輪弧編み、輪弧合わせ〜 輪弧編み自体はそれほどはむずかしくはないのですが、、、 2枚の輪弧を編み合わせる「輪弧合わせ」がややこしいです。 ひごが密集し自分がどこのひごを扱っているのか迷いがちなので、 教室では練習用の色違いのひごを用意し構造を理解してから本番へと入ります。 (写真は輪弧編み) 〜鉄線編み〜 一見むずかしくなさそうなのですが目が慣れるまで、 編み目のパターンを理解するのにてこずる方が多いようです。 しかしな…

続きを読む

6月の報告

こんにちは、弟子の中村です。 6月は教室をお休みさせて頂き 皆様にご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。 今回のブログは、 ニューヨークでのインスタレーション制作、 東京でのインスタレーション制作・東京襲名展 の報告をさせて頂きたいと思います。 6月始めはNYにあるメトロポリタン美術館でインスタレーション制作をさせて頂きました。 広い館内の、アジア美術の展示室にある日本エリアで 『Japanese Bamboo Art: The Abbey Collection』という特別展が開催されております。 日本の竹工芸を代表する作品が集結し、竹籃だけでなく、竹をモチーフにした屏風や御軸など、中国からの文人文化を知る重要な作品群と合わせて見ることができ、世界中のコレクションが豊富なメトロポリタン美術館ならではの、とても見応えのある展覧会となっております。 その特別展の入り口に「THE GATE」という作品名のインスタレーションを制作させていただきました。 2017年6月13日(火)から2018年2月4日(日)までの展示となります。 約8ヶ月の長い展示期間と、展示空間の入り口を飾らせていただくという事を踏まえ、今までとはまた違う形に挑戦した作品となりました! 「THE GATE」 メトロポリタン美術館での制作が無事に終わり、 間も無く東京襲名展のインスタレーション制作が始まりました。 日…

続きを読む