体験で作られた花籃

こんにちは、弟子の中村です。 1月21日は暦の上では一番寒いとされている大寒でしたね。 雪が降る程冷え込む日も有りますが、いかがお過ごしでしょうか? 雪が降っていると、寒さも気にせず雪合戦をしていた頃を思い出します。 皆様、お体に気を付けてお過ごし下さいませ! 1月21日   今回も体験の方がいらっしゃったので世界で一つだけの花籃を 作って頂きました。 最初に四つ目編みを編むのですが、 こちらの方はキッチリと綺麗に目を詰められていました。 自由に制作し始めた時は悩んでいらっしゃいましたが、 途中から気に入る形が出来てきた様子でした。 「鳥の巣」をイメージして作られたそうで、 側面に二本ずつ束ねて回しているヒゴがあることで 動きが出て包み込んでいるように見えます。 編み込んでから上で束ねているところは鳥の巣の枝が 集まっているような印象をもちました。 テーマにとてもぴったりな作品でした。 完成おめでとうございます! 二つ目の課題である四ツ目籃を制作している生徒さんが いらっしゃいます! この方はお手本の作品とは少し変えて、 側面を編んでいるヒゴをきっちり詰めて編…

続きを読む

2017年教室始め

明けましておめでとうございます。   昨年は大変お世話になりました。   本年もどうぞよろしくお願い致します。   今年は小竹先生が竹雲斎を襲名いたしますので   昨年とはまた違う貴重な年になると思います。   襲名展や海外制作があり、教室の日程の変更により皆様に ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。   1月7日   2017年になり早速体験に来てくださった方がいらっしゃいました!   オーストラリアのメルボルンに展示されている先生の作品を見て、 工房の見学と教室の体験に1日いらっしゃいました。   世界で一つだけの花籃を作って頂きました。 アート的要素を感じさせる作品となっており、 竹の模様の入っている針金をかがりとして使われているので オシャレにまとまっています。   こちらの作品は一本ずつ竹ヒゴの向きなどにこだわり丁寧に 想像している形を作られていました! 午後からは、亀甲編みを練習して2つ目のカゴを制作されていました。 最後には桶の箍(たが:桶の周りにはめる、竹や金属で作った輪)として使われているものを指輪サイズで作りました。 教室の方々も一緒に先生の説明を聞き作っていらっしゃいました! こちらの体験の方は先生と相…

続きを読む