二つ目の課題(四つ目編み籃)

こんにちは、弟子の中村です!     11月23日は勤労感謝の日ですね。   この日は元々、新嘗祭の日が第二次世界対戦の敗戦により勤労感謝の日と 改められたことが由来だそうです。   新穀を得たことを神さまに感謝する日ということになるので、 日頃、美味しいご飯が食べられている事に感謝しようと思いました。         11月19日         二つ目の課題を完成された生徒さんがいらっしゃいました。   内と外の縁の間に柾(まさ)を入れます。   細い竹ひごを更に細く4つに割っている先生の作業を見て、   竹の繊維が真っ直ぐに通っているからこそ出来るこの作業に感動されていました。   この生徒さんは、植物などの構造に興味があると仰っていたので、 その他の植物の構造とじっくり比べられているからこその感動があると思いました。   教室は人それぞれ考え方や知識が違うひとが集まり、 様々な考え方や感じ方を聞ける場所だと思います。       細く割ったことにより角のカーブもしなやかに曲がるのできれいに収まります。   収めたら縁を籘でかがり、柾(まさ)をおさえます。   そして手をつけて完成です。     …

続きを読む

作品完成!

こんにちは、弟子の中村です。   いよいよ本格的に紅葉が見頃の季節がやってきましたね。   紅葉と言えば、専門学校に通っていたときに嵐山を通るルートが有ったので、 素敵な紅葉を見ながら歩いていました。   渡月橋から見る山々の紅葉は特に素敵なので機会がある方は是非見てみて下さい。             11月5日   巣籠もりを完成された生徒さんがいらっしゃいました。   いつ詰めればいいのかわからないとおっしゃっていましたが、 うまく微調整されていました。   大きくて太い印象になってしまったとおっしゃっていましたが、 面取りをキッチリされているので丸くまとまっていてかわいいと思います!   完成おめでとうございます!         一つ目の課題である亀甲編み籃を完成されました!   今回は縁を籐で巻いく作業をされていました。   籐の節の部分で切れないように気を付けて巻かれていました。     もう一つ分の材料があると言うことでリベンジされるとおっしゃっていました。   一つ一つ完成していくと、編むときの竹の扱い方や籐の扱い方が徐々に わかってくると思います。   今回より…

続きを読む