2016年11月19日

二つ目の課題(四つ目編み籃)


こんにちは、弟子の中村です!
 

 
11月23日は勤労感謝の日ですね。
 


この日は元々、新嘗祭の日が第二次世界対戦の敗戦により勤労感謝の日と



改められたことが由来だそうです。
 


新穀を得たことを神さまに感謝する日ということになるので、



日頃、美味しいご飯が食べられている事に感謝しようと思いました。
 
 



 


 
11月19日
 
 
 
 
二つ目の課題を完成された生徒さんがいらっしゃいました。
 


内と外の縁の間に柾(まさ)を入れます。



9.jpg 




細い竹ひごを更に細く4つに割っている先生の作業を見て、
 


竹の繊維が真っ直ぐに通っているからこそ出来るこの作業に感動されていました。
 


この生徒さんは、植物などの構造に興味があると仰っていたので、



その他の植物の構造とじっくり比べられているからこその感動があると思いました。
 






教室は人それぞれ考え方や知識が違うひとが集まり、


様々な考え方や感じ方を聞ける場所だと思います。
 
 




 
細く割ったことにより角のカーブもしなやかに曲がるのできれいに収まります。
 


収めたら縁を籘でかがり、柾(まさ)をおさえます。

 

そして手をつけて完成です。
 





 
 完成おめでとうございます!
 

 1.jpg
 



 
 
 







 
縁の籐かがりで飾り玉縁(かざりたまぶち)の縄目 というかがりをしている



生徒さんがいらっしゃいました。



(玉縁は美しい縁。また、きれいに縁どりしたものという意味です)

 

複数の籐でかがるので一生懸命先生の作業を見て、覚えていらっしゃいました。
 

6.jpg





最初は少し苦戦されていた様子でしたが



終わる時間が近いた頃に見たら、



どんどん進んでいてきれいにかがっておられました。

 
 2.jpg














 
 
菊底のバスケットを編んでいる生徒さんは、テキパキと進められていました。
 


すごく集中している様子でした。


 
深くなってきた籃を見てどこまで編むのか考えていました。

 

完成が近づきたのしみですね!

7.jpg

















今回の教室全体の写真です。
 
母屋
10.jpg





離れ
3.jpg















教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968




 
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

作品完成!

こんにちは、弟子の中村です。
 


いよいよ本格的に紅葉が見頃の季節がやってきましたね。
 


紅葉と言えば、専門学校に通っていたときに嵐山を通るルートが有ったので、



素敵な紅葉を見ながら歩いていました。
 


渡月橋から見る山々の紅葉は特に素敵なので機会がある方は是非見てみて下さい。
 
 
 
 

 
 
11月5日
 




巣籠もりを完成された生徒さんがいらっしゃいました。
 


いつ詰めればいいのかわからないとおっしゃっていましたが、



うまく微調整されていました。



 3.jpg






大きくて太い印象になってしまったとおっしゃっていましたが、



面取りをキッチリされているので丸くまとまっていてかわいいと思います!
 


完成おめでとうございます!


17.jpg 
 
 









 
一つ目の課題である亀甲編み籃を完成されました!
 


今回は縁を籐で巻いく作業をされていました。
 


籐の節の部分で切れないように気を付けて巻かれていました。



 10.jpg

 

もう一つ分の材料があると言うことでリベンジされるとおっしゃっていました。
 


一つ一つ完成していくと、編むときの竹の扱い方や籐の扱い方が徐々に



わかってくると思います。
 


今回よりも更に良くなるようお手伝いしたいと思います!
  




初めての課題完成おめでとうございます!


 15.jpg
 
 
 
 
 




 
 
亀甲編みの茶籃を作っている生徒さんがいらっしゃいますが、
 


こちらの生徒さんは側面の亀甲編みに挿す竹に黒竹を混ぜています。
 


写真の左側にある見本とは違った印象でオシャレだと思いました。



 1.jpg



見本の籃を見ながら、時間が経つとこのようなあめ色になるという話をしました。
 


今、生徒さんの皆様が一生懸命作られている作品達も
 

大切に扱われ年期が入ってくるとまた今とは違った良さが出てくるんだろうな



と思いました。
 


それも一つの楽しみですね!
 
 
 






 
鉄線編みがわかってきたとの報告を聞きすごくうれしいです。
 


見本の紙に載っているところまでは紙を見て編めば良いのですが、



それ以上編もうと思ったら理解しないと進められません。
 


そこまで理解するのなかなか大変だと思いますが、



挑戦して乗り越えられたんだと思います。
 










教室の風景です。



母屋



5.jpg




8.jpg








離れ



18.jpg



6.jpg























教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968


posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする