初級授与式がありました!

こんにちは、弟子の中村です。 リオデジャネイロで開催されているオリンピックを見ていて、 特に様々な競技の団体戦が見ていて熱くなりました。 選手一人一人にドラマがあり感動する場面がありました。 そんなオリンピックも終わりに近づくと8月も終わりに近づいていると感じます。 8月20日 漆塗りを初めてされた方がいらっしゃいました! 今回漆を塗られた作品は網代編みの合わせ蓋の作品です。 染色をして乾いた後に切り藁をかけます。 切り藁とは短く切った藁を束ねたものです。 それを使い残っている染色の塵や粉を払います。 染色の後が残っているとマットな印象ですが キッチリ切り藁をかけると作品につやが出ます。 切り藁をかけたり、きれいにしてから作品に漆を塗ります。 先生の作業を一生懸命観察して漆塗りに挑戦されていました。 はじめは慎重に作業していらっしゃいましたが、 少しずつ慣れた手つきでされていました。 終わったら「難しかった」とおっしゃってましたが、 初めては皆そう感じると思います。 漆はゆっくり塗っていたら乾いてしまったり、埃がたくさんのってしまいます。 なのでスピードも大切ですが、漆は繊細だと感じます。 初級授与おめでとうございます! 教室では、初級、中級、上級があり各級の課題が終わると授与され、次…

続きを読む

教室後に親睦会がありました

こんにちは、弟子の中村です。 今回の教室は午前中はとっても暑くて 来るのに一苦労という感じでしたね。 生徒さんの中には、とりあえず冷房にあたって休憩してから 作業の準備をされる方もいらっしゃる程でした。 駅から工房まで歩いて来られる方もいらっしゃいますので、 熱中症くれぐれもお気を付け下さいね。 昼からは少しずつ曇ってきて突然に雨が降りだし、 教室が終わる頃にはギリギリ止むと言う大荒れの一日でした。 皆様が、帰る頃には止んで良かったです! 8月6日 網代コースター完成されました! 芯巻きの詰め具合がキッチリと揃っていて 統率感のある網代コースターが出来上がりました! 難しかったところは「枠」だそうです。 籐を火で曲げて形をまん丸くしてから半分に割り、 合わせ目(重ねる部分)を慎重に削っていきます。 合わせ目を削り過ぎると薄くなって高さが合わなくなります。 高さを合わせる為に丸い籐を削り綺麗に合わせるのは大変ですが とても丁寧に作業されていました。 初級課題のコースターつくりでは、 工房から準備した材料(竹・籐など)を使って頂いています。 使って頂いてる籐は、籐表皮をやすりで削ってガラス繊維を取り除き 工房で黒く染めた籐を使って頂いています。 上級課題では、生徒さん1人1人が自分で籐をこなします。 自分が制作したい作品の材料を一から全部自分で制作することが出来ます。 四…

続きを読む