2016年04月23日

4月終わり

こんにちは、弟子の中村です。


桜が散っていき、木々はどんどん緑に染まって、次は梅雨の時期に向かっていますね。


 
 

4月23日(土)




網代コースターの材料づくりを終えて編み始められた人がおられます。

この課題では、どちらかというとシンプルなデザインの 舛網代 という編みかたをするのですが網代編みの基本を理解すればいろんな編み方を(見本を見ながら)編めるようになります。


先生から編みかたを教わっていましたが、最初はちょっと戸惑いながらも編み進めていくうちに理解されていました。




サイズ5.jpg




サイズ1.jpg



少し時間を空けてから覚えているか確認してみるといいと思います!












材料づくりをしている方がいらっしゃって、せん という作業をしておられました。

その作業は、せん引き台 というもので分厚さを均等にしていきます。

作業をしている時に材料づくりをしていると夢中(無心)になって作業をする事が楽しい、

先生は材料づくりで精神を整えられるので、編む前の心の準備になっていると話しておられました。


作品を作り上げていく中で、材料づくりはそのような面でも大切だと思います。




サイズ4.jpg












違う生徒さんは次の作業の節のある材料の節裏を  せん をした部分と同じ分厚さにするために小刀で少しずつ削っています。



削り過ぎると折れやすくなるため丁寧に作業する必要があるのですが、こちらの生徒さんはとてもキレイな材料に仕上がってました。



編みやすいと思うのでいい籃になりそうですね!




サイズ2.jpg







今回・・・




初級課題を修了された方がおられたので、初級授与式が行われました!


この生徒さんは約3年かかって自分のペースで課題をひとつひとつ丁寧に作り上げている方だと思うので、すごく嬉しいだろうな〜と思い見ていました。




おめでとうございます!!



サイズ6.jpg










教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

高知からの体験参加



こんにちわ! 弟子の中村です。

桜前線も元気に北上しておりますが、
みなさんお花見へはもう行かれましたか?


山桜はもう見頃も過ぎて、ソメイヨシノが満開を迎えています🌸



私も雨が降る前にお花見に行かなくては!と思います。


4月2日(土)

今日はなんと、


高知県からお一人の男性がはるばる体験にお越しくださいました!

竹に興味がお有りだそうで、大分県にある竹工芸の学校へ入学を検討されているそうです。


現在、日本には竹工芸を学べる学校が 
京都 と 大分 の2箇所にあります。



◆京都 は 伝統工芸を学ぶ専門学校の竹工芸専攻
◆大分 は 竹工芸の職業訓練校です。



なるちゃん先生 や ともちゃん先生、私は京都の学校出身で、
小竹先生は大分の訓練校を出られています。

竹はまず編めるようになるまでが大変なので、
学校で毎日竹に触れるというのも、しっかりした技術を身につける一つの有効な手段かと思います。

若い男性の方は少ないので、こうしてご興味を持たれていることが本当にうれしいです!



ご検討を心よりお祈りしております!


さて、体験で来られた方にいつもお作りいただいてる

「世界に一つだけの花籃」今回もお作りいただきました!




手のひらで包み込むような 形を イメージしてつくられたそうです。



こういう形にしたいけど、どうすれば上手く収めることができるんだろう・・・

と悩みながらの制作でしたが、
「今はまだ材料が作れないので荷造り用のPPテープなどで編みに挑戦していました。」
と言われる事もあり、丁寧にキレイに編まれていました!





P1000734.JPG


* * *



竹編みの技法の一つに、この季節にはピッタリの ゙花六つ目゙ という編み方があります。
幅や色を変えた竹ヒゴを使って、六角形 をベースに編み込んでいく技法です。


細かい作業なので、キレイに編むには技術が必要...
ですが、こちらの生徒さんはキレイにベースとなる 六角形 を編み上げられました!!




P1000702.JPG



「こういう風に重なっていくんですよ、」と合わせて見ました。



P1000710.JPG



ここからはヒゴを差す度、どんどん お花模様が浮かび上がってきて楽しいところ♪
完成が待ち遠しいです!


* * *


さて、こちらの2つ目の課題 四ツ目編み の籃です。
゙黒竹゙ という自然に黒い竹を使って制作しています。


現在、この課題に取り組んでおられる生徒さんが沢山いらっしゃいます!
今日はお二人の生徒が 底の編み を完成されました。

コテを当てて熱を加える事で 竹ヒゴを曲げ、側面の編みへと取り掛かります!





P1000719.JPG





P1000722.JPG




ヒゴが折れてしまわないように、焦げてしまわないように...


気をつけながら、キレイにコテを当て終えられました。
立体的になると、一気にカゴらしさが出てきますね♪






教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968








posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする