青竹の門松づくり

こんにちは! 弟子の上杉です。 寒くなりましたねー!と言っていたと思ったのですが、 何故だかまた暖かくなりましたね。 大丈夫かしら…と心配になってしまいます。 工房の中庭の紅葉も、暖冬の所為か昨年よりも色づきがイマイチでした。 さらにはやっと色づいたと思ったところで雨が降り、 一晩ですっかり葉が落ちてしまって悲しく思っております。 落ちるからこそ美しいのですが…せめてもう少し楽しませて欲しかったです。 12月19日 (土) 今日は2015年最後の教室開講日でした。 そんな最後の今日も、お一人の方が体験にお越しくださいました! 制作された ”世界に一つだけの花籃” がこちら… キレイな、まとまりのある花籃となりました✿ 船の帆が張る様に広がった四つ目編みが、作品の空気を引き立てています。 とても丁寧に制作されたのが伝わってきて、心地よく拝見させていただきました。  * * * また今年も、お正月に向け 門松の制作をいたしました*⋆:.✯ 切りたての青々した若竹を、それぞれに斜めにカットして… 思い思いのバランスで 葉牡丹や松や南天を添えて… 竹をバリが出ない様にキレイに斜めにカットしたり、 シュロ縄の”男結び”に、「覚えられない!」と苦戦したり、 松の高さはこれぐらいがいい とか、 南天はどれにしようとか、、 皆さん楽しんで制作されているご様…

続きを読む