中級・初級授与式

こんにちは! 弟子の上杉です! 今週もおわりになって、急に寒さを感じるようになりました。 つい先週まで訪れていたフランスで大変なことになり、驚いております。 ギリギリ無事に帰国することが出来たことに安堵感を抱くと共に、フランスにお住まいの皆さんのことが気がかりです。 これ以上新たな被害が出ないことを 本当に祈るばかりです。  11月14日 (土) 今日もお一人の方が体験にお越しくださり、 いつもの ”世界に一つだけの花籃” をつくられました✳︎ ふわりふわりとした迷いの中に一筋の光が伸びる様子からイメージを広げられました。 軽やかな印象の花籃になったのではないかと思います♩  * * * また、今日は、中級 2名 ・初級 1名 の授与式を執り行いました。 中級課題を満了された生徒さんは今回のお二人が初めてです✿ 教室開校以来 初の 中級授与式 でした。 おめでとうございます!! お二人はそれぞれ、早速 次の上級課題に取り組み始めておられます。 上級課題からは、染色したヒゴを用い漆を塗って仕上げるものがあります。 その為、竹を割る前に まず表皮を薄く磨くのですが、最も美しい繊維質がぐるりと均一に出るように磨くには技術が必要です。 また、ヒゴも細くなり繊細さが増しますので、1本1本の材料の出来不出来がより顕著に現れるようになるかと思います…!>< …

続きを読む

フランスでの滞在制作を終えて…

こんにちは!弟子の上杉です。 工房では、10月中頃から11月頭まで、 フランスの迎賓館にてインスタレーション作品の制作をしてきました!! 高さ6mになる3本の柱は、竹を編み込むだけで自立しています。 お互いを支え合うように捩れながら昇り、また降りて空間へ広がってゆく様な3本のエネルギーには、フランスと日本、そしてそこに関わるアーティストをはじめとする人々の姿をイメージしました。 フランスの金箔造形作家・マニュエラ・ポール=カヴァリエさんとコラボレーションし、虎竹のヒゴに金箔を施していただいたものを編み込んでいます。 小竹先生を含む工房の4人で、2週間かけて作り上げたインスタレーションは、フランスの方々からも好評をいただくことが出来ました。 制作途中の様子などは先生のブログでもご覧いただけます。 http://shouchiku.seesaa.net  11月 7日 (土) 今日は久しぶりの教室となりました! 今日は、お一人の方が体験にお越しくださりました。 なんと、金沢から日帰りで来られたそうです! 恒例の「世界に一つだけの花籃」をつくっていただきました。 テーマは、 「 日本海 ー北陸はいつも曇りー」 日本海の荒波と曇り空が独創的に表現されており、とてもおもしろい花籃となりました!  * * * また、今日から新しい生…

続きを読む