初級課題『網代編みコースター』完成!

こんにちは! 弟子の上杉です。 工房では、フランスでのインスタレーション制作を控え賑やかに過ごしております。 10月は教室をお休みさせていただき、皆さんにご迷惑をお掛けいたします事、改めてお詫び申し上げます。 その分 フランスでは 、 人と人の繋がり、受け継いで行く文化や歴史の繋がり、竹工芸の また竹自身の魅力など を感じていただけるよう、制作に取り組んで参りたいと思います。 また現地での様子もご報告させていただきますので、よろしくお願いいたします! それでは、9月第2回目の教室の様子です! 9月19日(土) お一人の生徒さんが初級課題を終えられました!! 最後に取り組んでおられました「網代編み コースター」 は、3枚セットが課題の内容ですが、5枚 つくりあげられました* 目の詰まった編み方ですので 小さく見えて意外に沢山の材料が必要ですし、 縁の丸籐(まるとう) は、小さい円形なので綺麗に曲げるのも難易度が高くなります。 5枚もあれば、旦那さんや息子さんご夫婦など ちょっとしたご自宅での食事の際にも お使いいただけますし、華やかになるのではないかと思います** 初級課題を作り遂げた!ということで、 中級課題に取り組まれる方が多い中、 こちらの生徒さんは、改めて初級課題を一から作り直すという選択をされました。 右も左もわからないところから始められた竹工芸。 そんな中 初めてつくった籃を、改めて…

続きを読む

人から人へ

Bonjour ! 弟子の上杉です! 最近フランス語を勉強し始めました。 と言っても、本当にまだ 始めたところ。 言える単語だって Bonjour と Enchante と S'il vous plait くらいなものです。 喉の奥をゴロゴロさせて、アールの発音を練習していると、カーッペ!とタンを吐くおじさんの気持ちがわかる気がしたり、しなかったりします。 さて、今日は小竹先生がどうしても外せない仕事で府外へ出ておりました為、田嶌さんと2人での教室となりました!   9月5日 (土) 今日の教室では、幅引きを打つ姿を多くお見かけしました。 初めの頃は私たちが丸太に打ったものをお使い頂いていましたが、 3つ目、4つ目の課題に取り組み始め、そろそろ自分でうってみましょう! と お渡しすると、みなさん いい角度で打ち込んでおられました。 だいぶんと道具や竹の扱いにも慣れてこられたこともあって、 どれくらいの角度で刃を竹に当てるのか、 どちらの方向に力をいれるのか、 といったことが何と無く掴めてきたのかな という様子でした! * * * こちらでは、菊底編みのカゴの底を編んでいらっしゃいます。 幅の太い地竹と、2m近い長ヒゴ の材料をとるので、今までのものとは違った難しさがありますが、丁寧に作業されており編み始めても綺麗な円形がつくれていました。 底から側面にかけて、 地竹に コテを当…

続きを読む