竹籃・材料づくりの工程

こんにちは、弟子の上杉です。 本日は春分の日** 少し肌寒かったようにも思えますが、 清々しい、いいお天気の1日でしたね! で す が… 来週からまた冷えるそうです。。 もういいよ!  と言いたい気持ちは抑えて、 開き始めた桜を眺め 春の陽気を待ちたいと思います!! (朝、走りに行った近くの公園では、河津桜がかわいく咲いていました***)   03月21日(土) 本日の教室では、祝日ということもあってか お休みの方もおられ、 普段よりも 静かな空気の中、皆さん集中して作業をされていました ^^◎ 竹工芸は、様々な工芸品の中でも、作業工程の多いものと言えます。 材料づくり ひとつをとって見ても、  竹を切る→割る→へぐ(剥ぐ)→幅を揃える→厚みを揃える→面(角)を取る と、多くの工程があり、それぞれに違った技術が必要です。 そこから更に今度は、編み上げていく ・ 立体にしていく 工程が加わってきますので、 覚えること、身につけることは  たくさん!つまり、楽しめるポイントも たくさん!! だからこそ、昔から 「竹割り3年、編み8年」 という言葉が言われてきたのだろうと思います。 そんな中で、今日は初めての作業に挑戦されている姿を多くお見かけしました。 こちらは、しかくい 籃カゴ の縁をつくっておられるところですが、 …

続きを読む