門松つくり

こんにちは!弟子の上杉です。 すっかり寒くなったなぁと思っているうちに、 木々の先には新芽が膨らみ、春の気配を感じるようになりました。 冬はまだまだこれからですが、そうこうする間に春になるのでしょうね。 私にとっての2014年は、昨年以上に足早に過ぎた1年でした。 今年の最も大きな出来事は、京都の竹屋を辞め、 田辺竹雲斎工房に弟子入りをしたことです。 その時に立てた今年の抱負は、”インプットの年にすること” 。 アウトプットは一旦置いて、根本から自分の地盤を見直し育てる年にしたい と、思って過ごしてきましたが、将に、学ぶことの多い日々でした。 その抱負は、来年も引き続きそうです。 来年と言わず、弟子の間はずっとそうなのかもしれませんね…!** 皆さんは、どのような1年を過ごされましたか? 早かった方、遅かった方、 変化のあった方、いつも通りだった方、 色々いらっしゃることと思います。 そんな中、今年最後の教室では毎年恒例の 門松 をつくりました! 2014年12月20日(土) 年の瀬、最後の教室は 門松つくり の日です! 切りたての青竹 の先端を斜めに落とし、シュロ縄で括ってゆきます。 切る際は バリ が出ないように 2人ひと組になったり、 シュロ縄 の 男結び に苦戦したり・・・ 皆さん楽しそうに作業されていました!* これで、新年の準備も…

続きを読む