門松つくり

こんにちは!弟子の上杉です。 すっかり寒くなったなぁと思っているうちに、 木々の先には新芽が膨らみ、春の気配を感じるようになりました。 冬はまだまだこれからですが、そうこうする間に春になるのでしょうね。 私にとっての2014年は、昨年以上に足早に過ぎた1年でした。 今年の最も大きな出来事は、京都の竹屋を辞め、 田辺竹雲斎工房に弟子入りをしたことです。 その時に立てた今年の抱負は、”インプットの年にすること” 。 アウトプットは一旦置いて、根本から自分の地盤を見直し育てる年にしたい と、思って過ごしてきましたが、将に、学ぶことの多い日々でした。 その抱負は、来年も引き続きそうです。 来年と言わず、弟子の間はずっとそうなのかもしれませんね…!** 皆さんは、どのような1年を過ごされましたか? 早かった方、遅かった方、 変化のあった方、いつも通りだった方、 色々いらっしゃることと思います。 そんな中、今年最後の教室では毎年恒例の 門松 をつくりました! 2014年12月20日(土) 年の瀬、最後の教室は 門松つくり の日です! 切りたての青竹 の先端を斜めに落とし、シュロ縄で括ってゆきます。 切る際は バリ が出ないように 2人ひと組になったり、 シュロ縄 の 男結び に苦戦したり・・・ 皆さん楽しそうに作業されていました!* これで、新年の準備も…

続きを読む

プチ講習会

こんにちは、弟子の上杉です! 今週は関西でも大寒波! 各地で雪が降りましたね*** 堺市でも週頭には チラッ とだけ 雪の様なものが見えましたが やっぱりなかなか、積もりません。 とはいえ、寒いのに変わりはないですよね! ただ、個人的には、 寒い日は空気が澄んで、呼吸する度に 肺胞の一つ一つまでキレイになる気がして、結構好きだったりします。 さてさて、 そんな寒い中も、皆さん元気に教室へお越しくださいました!  12月06日(土) 前回の教室から 2週間 空いたこともあって、 ご自宅で 藍を仕上げて来てくださった 生徒さんも居られ、 早速 次の制作に取り掛かることになりました! 丁度 同じ編み方を始めるという 生徒さんが多かったので、 プチ講習会 の様な図になりました。笑 ”菊底編み” という、菊の花模様の様に 放射状に広がってゆく底の編み方なのですが、 皆さん、「なるほど・・」と見入っておられました。 こちらの、課題のひとつである 「お茶籃」 を制作中の生徒さんも、 今日で縁の籐巻きが終わり、残るは手を付けるのみです。 写真は将に、仕上げの籐巻きをしているところ。 手は、 竹 ではなく、 藤蔓 を使って付けます。 竹 や 籐 の 白色(生成色) に、 藤蔓 の茶色が入ることで グッ と雰囲気が変わりますので、楽しみですね! …

続きを読む