材料こなし

こんにちは。 弟子の田嶌です。 9月22日(土) 今回は10人で、また新しい体験の方がお1人来られました。 昔からものづくりが好きだったそうで、丸い形をイメージされてすごく丁寧につくられていました。 これからも続けられるそうなので、また賑やかになりそうです!! 現在フルメンバーで16人ほどですが、そのほとんどの方がご自身で材料からつくられています。 そこで今回は竹割りからの材料づくりの流れを紹介したいと思います。 まずは竹を割ります。 慣れるまでは均等に割るのが難しいので、少し余分めに巾をとります。 次に厚みを薄くするために剥いでいきます。 仕上げの厚みによって2回3回と繰り返し、徐々に薄くしていきます。 割り剥ぎははじめ刃がなかなか入らなかったりしますが、コツをつかむとほとんど力はいりません。 はじめはやはり刃物を使うので、おそるおそるになってしまいますが、気持ちよく割れると楽しくなってくると思います。 次に巾を揃えます。 専用の刃物を台に打ちつけ、その間を通すことで全て同じ巾にすることができます。 この刃の角度や研ぎ具合が重要で、これも慣れるまで少し難しいですね。 …

続きを読む

新しい体験者

こんにちは。 弟子の田嶌です。 9月1日(土) 今回は10人と多く、そのうちのお1人は生徒さんの旦那様で体験に来られました。 手を動かしながらいろいろと形を探されていましたが、最後のほうで一気に形になってきたようでした。 まとまりのある、また今までと違った形の作品になりました!! 奥様のほうは隣で着々と材料づくりをされていました。 たまに旦那様にアドバイスされたりと仲良さげで楽しそうでした!! 次回には完成して編むことができそうです。 こちらは本当に最後の仕上げの錆つけという作業を行いました。 これをすることで漆が落ち着いた感じになります。 教室が始まった当初から制作し始めて、約2年かかっての完成なので喜びもとても大きいと思います!! 今度制作開始から完成までを振り返ってみたいと思います。 そして今回もう1人出品者が増えることになりました。 自宅で制作されてものを持ってこられたのですが、出来がよかったので先生に出品をすすめられ、今回銘を入れられました。 いきなりだったので驚かれていましたが、とても楽しみですね!! こちらは材料を完成させて来られて、今回から編み始めました。 四ツ目という一番シンプルな編み方です…

続きを読む