門松

竹工芸教室です。 今回は少し時期が早いですが 門松をつくりました。 門松(かどまつ)は、 正月に家の門の前などに立てられる一対になった松や竹の正月飾りのことです 松飾りともいいます。 古くは、木のこずえに 神が宿ると考えられていたことから、 門松は年神を家に迎え入れるための 依り代という意味合いがあるそうです。 新年に松を家に持ち帰る習慣は平安時代に始まり、 室町時代に現在のように 玄関の飾りとする様式が決まったと言われているそうです。 (ウキペディア参照) 最初に、青竹を斜めに切ります。 3本少し、長さを変えます。 三本の竹を、棕櫚縄で括ります。 植木鉢に括った3本の竹を入れます。 このとき正面を決め、形を整えます。 植木鉢の周りに、竹を括ります。 まず竹を3cmぐらいの幅に割っていきます。 その後、植木鉢の周りに 竹を添わせ、棕櫚縄で括ります 植木鉢に土を入れながら 葉ボタンや南天、松などを飾っていきます 完成です。 皆さんなかなか素敵な門松を作られました。…

続きを読む

クズかごと工芸品の違い

竹工芸教室です。 今月は虎竹(とらちく)で編む「巣籠りかご」を制作します。 底と側面は亀甲編み(六つ目編み)で編みます。 虎竹は表面が虎模様に見えることから この名前が付きました。 自然の模様が美しい竹です。 この竹は固いため、編む時は 沸騰したお湯に何度も付け編んでいきます。 虎竹は強く、かたいため、女性は特に編んでいくことが すこし大変です。 この”巣籠りかご”は田辺家では”荒編み”という種類になります 荒編みは細かい籠と違い、 大胆にその人の感性で編んでいく作品です。 生徒さんからの言葉の中で ”ごみ箱”見たいになってしまう という意見がありました。 ただ単に編んでは、ただのクズかごになってしまいます。 これはとても難しいことです。 品のある作品を作る 味のある作品を作る 工芸品を作る アートを感じる作品を作る 素材を感じ 空気を感じ 芸術を感じながら制作しなければ 工芸品にはならない 私が小学生のこ…

続きを読む