東京からの生徒さん

今回はなんと東京から わざわざ教室に参加していただきました。 新幹線に乗り、 竹の教室だけを体験して また新幹線に乗って、帰られました。 竹に興味を持って頂けることが 本当にうれしく、感動します。 人の人生は様々です。 みな日常頑張って生き、 何かを表現し、創り出すことに努力しています。 必死に生きている人ほど、時には休息が必要になる気がします。 私にとっての休息は 子供と触れ合うこと そして海外での展覧会後に、妻と旅をすることです。 この東京からの生徒の方にとっては 新幹線にのり、遠く離れた大阪で ものつくりを体験することだったのかと感じます 竹とういうものを通して、少しでも 癒して頂けたら、嬉しいです 素敵な作品作られました。

続きを読む

可愛らしいリボン

竹工芸はもともと男性の職業でした 近年、女性の竹工芸のアーティトも増えてきました。 女性は男性とは違う感性を持ち 竹工芸の新たな可能性を生み出していると感じます。 この作品は籠にリボンをつけたいという思いから 作られた作品です 私では思いもつかない作品です 人種や性別 生活環境 多くの価値観の違いで 多種のアートが存在します また人の感性の面白さに触れました わたしは竹工芸家竹雲斎の4代目です 私には今2人の娘がいます 次の代は女性の代になるかの知れません それもまた新たな竹雲斎の歴史を作るのではないかと感じます

続きを読む