2017年12月27日

2017年最後の教室♪


こんにちは、弟子の中村です。
年末は大掃除や帰省される方、
忘年会や年越しの準備をされている方、
やることが沢山あり、目まぐるしいと感じますが
あと少しで 2017 年も終わりに近づいていますね。
やり残すことがないように過ごしたいと思います。

皆様お忙しいとは思いますが、
お体に気を付けてお過ごしくださいませ。


12 月 23 日 ( 土 )


今年最後の教室は門松制作と
普段の制作に分かれての作業となりました。
田辺竹雲斎工房では毎年年末に
門松を自分で制作することができます!

門松を飾る期間中、
青竹の水分が抜けてしまわないように数日前に取った青々した竹を使います。



〈門松制作組〉


取れたての青竹で門松、お箸、箸置きを制作されました。

門松制作ではまず始めに生徒さん同士で協力しあって3本竹を切ります。
節の部分で笑い顔が出てくるように切るのですが
皆様良い表情が出るように一生懸命切られていました。

教室+クリスマス会.jpg

切り終わると次は三本の竹をまとめて、しゅろ縄で結びます。
男結びという結び方をするのですが、
覚えるのが難しい結び方なので
皆様真剣な表情で説明を聞いておられました。

教室+クリスマス会_171227_0018.jpg

無事に結び終えたあとは鉢の周りに並べる竹をわり、
紐で固定しながら竹を並べていきます。

教室+クリスマス会_171227_0009.jpg

鉢の周りに竹を並べたら、きっちり針金で固定し、
先程と同じようにしゅろ縄で男結びをします。

そして竹を鉢に入れて土を入れて固定し、
葉牡丹、南天、若松を飾り完成です!

完成おめでとうございます!

教室+クリスマス会_171227_0008.jpg





〈課題制作組〉

完成されて次の課題の材料を割り始めた方、
縁を巻くための籐をこなされていた方、
染めている練習用の竹ヒゴを使って輪弧編みをされている方
オトシの漆を塗られていた方など、
皆様、年末や年始の話をしながら、それぞれ集中して進められていました。

教室+クリスマス会_171227_0007.jpg

午後から、工芸高校出身の方が竹雲斎先生に、作品を見せに来られました。
それは、竹の作品ではなく、1枚の紙を使って制作するアート作品です。

お茶タイムの時に、生徒の皆様も一緒に作品をみました。
竹工芸とはまた違う、紙が持つしなやかな性質をうまく利用した特徴のある作品でした。
とても面白く刺激を受けました!
作品を丁寧に説明くださり、ありがとうございました。

教室+クリスマス会_171227_0021.jpg

教室+クリスマス会_171227_0022.jpg










今回の教室後はなんと、、、




クリスマス会でした!!

沢山の生徒の方々が参加してくださいました。
堺東駅の近くにある 炭火とワインPOISSON という店にお集まり頂きました。
有難うございます。

今回司会を務めた佐野は、
クリスマスツリーの帽子を手作りして、
最後まで被って盛り上げてくれました!

教室+クリスマス会_171227_0044.jpg

そして、 乾杯のあいさつを生徒の方にして頂きました、
楽しいクリスマス会のスタートです。
ご協力ありがとうございます!

教室+クリスマス会_171227_0005.jpg

乾杯をしたあとは、皆様楽しく飲んで、食べて、お話されていました。

タイミングが合わず知らない方もいらっしゃるということで、
改めて10月から弟子入りしているM口の自己紹介もありました。

教室+クリスマス会_171227_0042.jpg


そして、今回のゲームは竹クイズ!!

3テーブルにわかれていたので3チームに分かれて行いました。

配られた写真を見て頂きどれが真竹なのかを当てたり、
鳳尾竹は何竹の煤竹でしょうか?というような問題が沢山出題されました。

竹を触っていても、知っているようで知らない竹もまだまだ沢山あるので
クイズで楽しみながら皆様で、竹の勉強をしました。

最後にボーナス問題として竹に関する俳句をつくる問題と
竹の絵を水墨画のように描くという問題がありました。

どのチームも情緒の溢れる素晴らしい解答でした。
得点をつける竹雲斎先生も悩まれているご様子でした。
大接戦でしたね!!

教室+クリスマス会_171227_0023.jpg

教室+クリスマス会_171227_0043.jpg

教室+クリスマス会_171227_0003.jpg

教室+クリスマス会_171227_0045.jpg

竹の絵は、
竹と虎や竹と雀を描く工夫されたチームが高得点を獲得したところでゲームが終了しました!

教室+クリスマス会_171227_0012.jpg

教室+クリスマス会_171227_0030.jpg

教室+クリスマス会_171227_0027.jpg

1位のチームには百貨店で人気のグミ「コロロ」
2位のチームは サバ缶【Ça va(サヴァ)?】 と書かれたおしゃれな缶です。
Ça va? はフランス語で元気?という意味です。




ちなみに素敵な俳句を読まれた生徒さんが竹クイズのMVPに選ばれて、
サンタクロースの衣装と佐野さん手作りのクリスマスツリーの帽子を被って頂きました。
MVPということでクリスマスツリーのてっぺんに付いていた飴ちゃんがプレゼントされました。

おめでとうございます!

教室+クリスマス会_171227_0013.jpg




そして次はお楽しみのプレゼント交換をしました!


一つの輪になり全員で歌ってのプレゼント交換となりました。
大喜びされていたり、笑ったり様々な反応をされていました。
個人的に皆様のプレゼント選びのセンスの良さを参考にしたいなと思いました。

教室+クリスマス会_171227_0001.jpg

最後は竹雲斎先生が挨拶をされて、皆様の拍手と笑顔で締めくくられました!

教室+クリスマス会_171227_0025.jpg


ご参加頂いた生徒の皆様、楽しんで頂けましたでしょうか?
本当にありがとうございました。









2017年も皆様のご協力のお陰でとても楽しく、

前向きに竹工芸に取り組む素敵な教室となりました。

本当にありがとうございます。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。



皆様、良いお年をお過ごしくださいませ。










〜教室のお知らせ〜

1月はフランスのショーモン城でのインスタレーション制作があるため、教室はお休みとなります 。
皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

2 月の教室
10日(土) 24日(土)

第二土曜日、第四土曜日となっておりますので
お間違えのないようにお気をつけ下さいませ。



〜展覧会のお知らせ〜

さかい利晶の杜 
特別展「伝統の技、革新の表現−堺の竹工芸−」

unnamed.jpg

平成29年12月23日(土)〜平成30年1月28日(日) 
休館日:企画展開催中は1月15日(月)・16日(火)・年末年始12月29日〜1月3日

開館時間:午前9時〜午後6時(最終入館午後5時30分)

会 場 :さかい利晶の杜 企画展示室

料 金 :観覧料   大人300円 高校生200円 小中学生100円

ホームページはこちらです。
www.sakai-rishonomori.com










<教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。>
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968





posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 18:17| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

なるみ先生が来てくださいました。

初めまして。



今年10月から弟子入りをさせていただいております濱口と申します。


この回より中村と交代で担当させていただくことになりました。

拙い文章ではありますが、教室での様子を伝えて行ければと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

〈12月2日(土)の教室〉



今回、三人の方が染色をされていました。
中でもお写真を撮らせていただいた網代。
染めてすぐのお写真です。


unnamed-7.jpg


綺麗な染まり具合で素敵です。

次は漆ですね!大変ですが、頑張ってください!

出来上がりがとても楽しみです。



そして、なるみ先生が可愛い赤ちゃんを連れて来てくださいました。

2回目のご紹介になります。現在7ヶ月です。

unnamed-6.jpg

前回よりも表情が豊かになってきているようです。

人見知りもしてきて泣いている場面もありました。



次第に慣れて可愛らしい笑顔も見せてくれました。
生徒の皆様もあやすのがとてもお上手です!




unnamed-5.jpg




先生から竹磨きのご指導をしていただきました。


作るものによって節の削り方を少し変えます。
生徒の皆様がすごく熱心にお話を聞いてらっしゃいました。


節の部分がどうしても削れてしまうときは小刀を使うといいですよ。



unnamed-4.jpg

unnamed-3.jpg

おやつの時間です。

盛りだくさんの楽しいお話をしました。

unnamed-8.jpg

来年1月からのフランス、ロワール地方のショーモン城インスタレーション創作のお話や
4月からはじまる東京の菊池寛実記念智美術館の展覧会(虎ノ門駅から徒歩10分)
のお話で盛り上がっていました。
そして近日、堺にある利晶の杜での展示会。

12月23日〜1月28日まで展示しております。

unnamed-1.jpg


unnamed.jpg


これから寒さが厳しくなってまいりますが、皆さま体調にお気をつけてくださいませ。

〜教室のおしらせ〜
12月23日(土)の教室
毎年恒例の門松制作・お箸・箸置きづくりを行います。
そのため1日の教室となります。

1月の教室
ショーモン城のインスタレーション制作のため、教室はお休みになります。

ご迷惑をお掛け致します。

2月の教室は
10日(土)24日(土)

第二土曜日、第四土曜日となっております。
お間違いのないようにお気をつけ下さい。


教室に興味がある方、お申込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
お待ちしております。

http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

真剣・熱意とベルギー個展のご案内

立冬が過ぎ朝晩の寒さが一層感じられるようになりました。
11月は一年のうちでもっとも変化があり、
日本風土を象徴する月の一つといえる月だそうです。
山野や街路の色付いた木々もそろそろ落葉が始まり寒い冬の到来を予感させます。
もこもこのダウンジャケットがすでに恋しい弟子の佐野です。


<11/25(土)教室の様子>
バッグの底に敷く竹ひごの加工。
面を落とすだけなので作業自体はむずかしくありません。
でも手で削ることで出る風合いを大切にしている作品なので、
見本を何度も確認しながらひとつずつ真摯に削ってらっしゃいました。
田辺家の哲学を大切にしていただいているようでとても嬉しく思います。
2017-11-25 13.31.22.jpg2017-11-25 13.31.44.jpg


こちらの生徒さんは新しく竹を磨く用の包丁「銑(せん)」を購入されたそうです。
特に手仕事の道具は使い込むほど手に馴染み愛着も出てきますので、
物理的、精神的に仕事がしやすくなる物が多いです。
教室内では道具をお貸ししていますが、
自分専用の道具が欲しいという熱心な生徒さんが多いです。
筒状でない半割りされた竹を磨く(表皮を刃物で削る)ときの工夫。
ひと工夫する事で作業がしやすくなります。
2017-11-25 13.48.00.jpg


美しい模様を表現。
真竹と黒竹の表皮の色の違いと網代編みの技法で
オリジナル性の高い美しい作品が仕上がります。
思い通りの柄を出すには入念な下準備と熱意が必要です。
※手前の柄が入っている方が籃の蓋になります。
2017-11-25 13.04.54.jpg


真っ白な濃紺チェック生地のズボン。
作品作りに集中すると服の汚れってどうでもよくなってきちゃうんですよね。
竹の細かい粉なので洗濯で簡単に落ちますが、それにしても真っ白です。
気合いの入り方がすごかったので思わずブログに載せちゃいました!
2017-11-25 10.02.28.jpg


午前中の母屋の様子。
1時間ほどではありましたが、ほぼ1対1の個人教室でした。
この時期は多忙な生徒さんが増えるため、
午前中の早い時間は先生を独占するチャンスです。
1510047222372.jpg


鉄線編み 盛り皿の縁。
綺麗な正円に仕上がり、カメラに満円の笑みをくださいました。
作品の肝要なひとつである縁が上手にできると、
この笑みがでちゃうのもうなずけちゃいます。
2017-11-27 03.26.41.jpg


まだ入門して2ヶ月目の弟子:濱口。
前回の教室をお休みされた方など、
初対面の生徒さんも多いということで前回に続き2回目の自己紹介です。
こちらの写真だとすごく緊張しているように見えますが、
実は人前に出てもけっこう飄々としていて、お話上手です。
2017-11-25 14.54.40.jpg


今日のメインのおやつは、、、生徒さんお手製の干し柿。
乾物特有の歯触りと柿の旨味を凝縮させたねっとりとした甘さが何ともいえず、
とても美味しくいただきました。ごちそうさまでしたっ!
2017-11-25 14.53.06.jpg





-----------------------------------------------------------------------

<ベルギー/ブリュッセル個展のご案内>
インスタレーション制作のため11/8〜19までベルギーブリュッセルに
滞在しておりました。
本展ではインスタレーションとアート作品20点を展示させていただいております。
お世話になっているギャラリーは煉瓦造りが印象的な外観で、
屋内は階段の手すりや窓の木枠の彫りなど細かな装飾が素敵です。
白を基調した洗練された雰囲気の中にもどこか愛らしさがあり、
女性なら誰しもが立ち寄りたくなるような所です。
機会があればぜひお立ち寄りください。

生徒の皆様には教室の日程の変更などご迷惑をおかけして申し訳ございません。
このたびの展覧会も皆様のご理解、ご協力無しには有り得ませんでした。
またSNSなどで温かなお声を沢山いただき、
とても嬉しく活動の励みになっております。
今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

IMG_2372.JPGIMG_2385.JPGIMG_2027.JPG

========================
CHIKUUNSAAI IV TANABE
GADAI

2017/11/21〜12/23
PIERRE MARIE GIRAUD(ピエール マリー ジロー)
http://www.pierremariegiraud.com/
========================



12月の教室では門松造りなどを予定しております。
寒さ厳しくなる季節、体調にはくれぐれもお気をつけください。
12月 2日(土)
12月23日(土) 門松造り、忘年会



<教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。>
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

なんと、新しい方が!

こんにちは、弟子の中村です。

11月3日は「文化の日」でしたね。

戦前は明治天皇の誕生日であることから 「明治節」と言われていましたが、

 戦後は日本国憲法がこの日に公布され、自由と平和を愛し、文化をすすめることを趣旨とした「文化の日」となりました。

歴史が変わり時代とともに祝日の名前や意味が変わると知りました。

時代の変化について考えるきっかけとなりました。


最近は気温の変化も大きく、ますます冷え込んできていますので、お体に気を付けてお過ごし下さいませ。




11月4日




なんと、、、


10月から新しい方が弟子入りしました。
今月から教室の先生として、M口が加わります!

 M口は、高校卒業後に京都伝統工芸大学校で2年間勉強し、
田辺竹雲斎工房に弟子入りしました。


一生懸命、言葉で表現したり、実際に手本を見せている姿がとても印象的でした。
教室初日でも、生徒の皆様と沢山話していて盛り上がっていました。

IMG_20171107_182550.jpg

20171104_144231062.jpg

更に明るい竹工芸教室となりそうです!

竹雲斎先生、上杉、中村、佐野、 M口の5人となります。

より良い教室となるように頑張りますので、
これからもどうぞ宜しくお願い致します。







竹工芸は竹だけではなく、籐も使って制作されることが多いです。
縁の部分を籐で巻いたり、手や足(底の角や側面から竹をそわせて籃を支える部分)などをとめたり、飾りとして籐を使います。
 
籐かがりをされている生徒さんがいらっしゃいました。 

網代編み籃の籐かがりをされている方は、
4つサイズの違う網代編みの籃を制作されています。
今は2つ目の籃の籐かがりをされています。
徐々にコツをつかんだご様子で同じ力加減できれいにかがられていました。
20171104_152631666.jpg

一つ目の課題である亀甲編み籃を制作されていた生徒さんの完成作品
20171104_120657529.jpg
二つ目の課題の四つ目編み籃を制作されている生徒さん
20171104_160209151.jpg

それぞれシンプルなかがりなので左手で、きっちり押さえながらかがっていきます。

シンプルに巻くのでわかりやすいですが、ほどけやすいと言う面もあります。
押さえながら片手で巻く事が難しいとおっしゃっており、
少しやり直して、納得するところまできれいに仕上げられていました!

良い作品を制作するためには粘り強さが大切だとしみじみ感じました。

少し締め具合が変わるだけで印象がガラッと変わることもあるのでこだわりポイントだと思います。




教室の様子です!
20171104_134746034.jpg

1510047222372.jpg






次回の教室は
ベルギーでの個展があり、教室の日が変更となっております。
申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願い致します。


教室の日程

11月25日(土)

12月  2日(土)     12月23日(土)





ベルギー/ブリュッセル個展の詳細です。

会場  Pierre Marie Giraud gallery

期間 2018年11月21日―12月23日
オープニングレセプション 11月18日 14:00−18:00
インスタレーションを制作致します。


ホームページはこちらです。



ご迷惑お掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致します。









 教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。


posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 18:38| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

ややこしそうな網代編み・・・

台風の影響で篠突く雨ほど強くはありませんでしたが
工房まで自転車で通う私は靴下まで濡れてしまいました。
(竹にかけたのですがお気づきでしょうか?)
雨にも負けず真剣に竹工芸教室です。
みなさま、お元気でしょうか。弟子の佐野です。
恵みの雨とはいいますが、台風の被害が出ないことをお祈りするばかりです。




<10/21(土)の教室の様子>


束ねた竹ヒゴの端同士を網代で編んでいきます。
沢山並ぶと迫力がありますね。
横一線に並べていますが最終的には最初と終わりとを繋げて
輪に仕上げていきます。
S__40771596.jpg

ややこしい行程につき生徒さんもいつもより口少なめに作業されていました。
竹雲斎先生も真剣な眼差しです。
S__40771598.jpg




こちらは別の生徒さんで、網代生地の立ち上げです。
立ち上げる位置がとっても重要なので先生自ら墨付けです。
ややこしいですがこれぞ長桝網代の醍醐味!
2017-10-21 10.46.21.jpg

墨付けに沿って、熱したコテで編み生地を曲げていきます。
2017-10-21 11.24.31.jpg

火曲げ後、四辺の端同士のひごを編み進め角を繋げていきます。
角のひごが割れやすく繊細な手さばきが必要とされます。
2017-10-21 12.01.10.jpg




こちらは菊底を編んでいく際に骨ひごを固定するのに丸板釘を打ち付けた型を使用します。
なんとこちらの生徒さんは丸板の型もご自身で制作されました。
きちんと面が取ってあり作品へのこだわりが伝わってきます。
2017.10.21教室_171023_0003.jpg


別の生徒さんですが同じく菊底バスケットを製作中です。
薄くこなした長ひごを縁に巻き付けています。(=縁巻き)
ひごが厚すぎると縁の竹にぴたっと沿わず、薄すぎるとひごが割れてしまいます。
こちらの生徒さんは1回目の仕上がりが気に入らなかったようで
縁巻き用の竹ひごを取り直し、再チャレンジされているところです。
がんばれ、がんばれ〜
2017.10.21教室_171023_0013.jpg



天候の影響かいつもよりスペースに余裕があり、
竹磨き(表皮を削る)の作業も楽々。
肌寒い日でしたが半袖姿で一生懸命です。
2017-10-21 13.58.26.jpg



良い湯だなぁ〜ああんあ、ああん♪
竹ヒゴを湯に付けて曲げやすくしています。
こちらの生徒さんは月1回別府から通ってくださっています。
いつもご遠方からありがとうございます!
2017-10-21 13.03.57.jpg



かぐや姫をイメージした手作りの人形(先生へのプレゼントだそうです!)と持ち寄っていただいたお茶菓子。
こちらの小さく愛らしい人形は生徒さんのお店「京都西陣 かぐや姫 竹細工工房」で販売しているそうです。
お近くまで起しの際はぜひお立ち寄りください。
2017-10-21 14.22.17.jpg






来月の教室は11月4日(土)、11月25日(土)です。
日に日に寒さが増してまいります。どうぞお体にはお気をつけください。

教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968

posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする