2017年05月27日

はじめまして、こんばんは。

ブログタイトル:はじめまして、こんばんは。
今年4月から弟子入りさせていただいた佐野佳代子と申します。
この回のブログより中村さん(私の一つ上の姉弟子)と交代で担当させていただくことになりました。乱文のほどご容赦いただければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



<5月27日(土)の 教室>
襲名展の関係で前回に続きまして本日も離れが使用できず、生徒の皆様には不便をおかけしまして申し訳ありません。そして快くご協力いただきまして誠にありがとうございます。


ある生徒さんが1年以上をかけて作られている網代籃の蓋部分で、写真には写っていませんが実はもうひとつ籃本体として網代生地が存在します。全長30センチ以上はある迫力ある大作ですが竹ひごの幅が狭く編み目が細かいため繊細な雰囲気があります。完成まで「縁の仮止め」「籐かがり」などまだ少し作業が必要ですがゴールは目前です。素敵な作品に仕上がりそうで今からとても楽しみです。

=染色した竹ひごを丁寧に網代で編み上げ、その編み機時に熱したコテを押し当て編み生地を立ち上げて余分な竹ひごを切り落としたところ=
IMG_0618.JPG




また、本日は午後の部で3名の方にワークショップにご参加いただきました。工房のワークショップでは四つ目をベースにした創作花籃を制作していただいています。先生のお手伝いで私も作成手順を説明させていただきましたが、、、至らない点ばかりですみません!もっと精進いたします。

=3人共通部分の四つ目編み終えた所。ここからは各々がイメージを膨らませ、自分だけの花籃を創作します=
IMG_0620.JPG

=世界に一つだけの花籃を作り終え、先生を交えての講評会。考え方がそれぞれ異なりとても興味深いですね=
IMG_0624.JPG

=壁に掛けて編み目の影を楽しむこともできます。これは竹工芸の面白さのひとつですね=
IMG_0623.JPG




【その他教室の様子です】
=離れが使えないので人口密度が高めでご迷惑をおかけしております=
IMG_0616.JPG

=長ひご加工のため少しさびしくリビングで作業中。でも先生と広いスペースを独り占め=
IMG_0617.JPG

=生徒さんが持ち寄ってくださった美味しいお土産でおやつタイム。話しに花が咲きます=
IMG_0622.JPG




〜お知らせ〜
以前よりご連絡させていただいておりましたが、来月6月は「東京日本橋高島屋の襲名展」「NYメトロポリタン美術館での展覧会」のため、誠に勝手ながら教室は1ヶ月間お休みさせていただきます。次回の教室は7月8日(土)となりますので、みなさまお間違いのないようお願いいたします。




教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

大阪襲名展が終了、そしてサイン会!

こんにちは、弟子の中村です!

前回のブログでお伝えしました、

なんば高島屋さんでの 四代 田辺竹雲斎 襲名展 が無事に終了致しました。

オープニングセレモニーで花道みささぎ流の家元である片桐功敦氏に献花をして頂き、

堺市長の竹山修身氏に挨拶をして頂き襲名展が始まりました。



初日は雨にも関わらず、沢山の方々がオープニングセレモニーに来てくださいました。

雨の中、オープニングセレモニーに来てくださり、本当にありがとうございました。



会期中はずっと人がいらっしゃって、沢山の方々が来て下さいました。

教室の皆様も沢山の方々がお越し下さり、

展示されている作品を見ながら感想をお聞きしたり、

お話しできてとても嬉しかったです。

そして、素敵なお祝いのお花をありがとうございました。





襲名展にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。







5月13日(土)


教室では工房と離れの2つに分かれて行っております。

今回はいつも使っている離れが使えなかったため、

お茶室とリビングで作業して頂くこととなりました。




お茶室には、歴代の作品が置かれていたのですが、

作品に囲まれ、その空間で作業をされていて

いつもとは違った空気が流れていてとても新鮮に感じました。

P5133227.JPG




リビングで作業されていた方は長いヒゴ作りをしていて、

のびのび場所を使えて良かったとおっしゃって頂き、

P5133240.JPG



突然の部屋の変更にも関わらず、

皆様がうまく対応して下さり、本当にありがとうございました。

次回の教室もこのような形になると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。











今回のお茶休憩の時間は先生のサイン会が行われました!


襲名展で販売していました、

作品集とインスタレーションの本に先生のサインが欲しいと仰った生徒の方がいらっしゃったので、

先生のサイン会が行われました。

P5133249.JPG

テーブルの周りに皆様が並ばれていて、私も一緒に並びたいなぁと思いました。

先生、サイン会お疲れ様でした!




教室の皆様も本当にありがとうございました。




今回の教室の様子です。



P5133242.JPG


P5133231.JPG





教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968




posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

3人の方が初級授与されました!

こんにちは、弟子の中村です!
 
今月の4月18日(火)の21時30分頃から

大阪高島屋さんのショーウインドーに 

先生が竹のインスタレーションを制作いたします。
 
5月2日(火)まで展示されますので

機会がありましたら是非ご覧下さいませ。
 
 
4月15日
 
 
今回は午前の教室が終ったあと、
 
初級授与式がありました!
 

3人の方が初級課題を終了されました。
 
賞状、名札、お饅頭を受け取り、

さっそく名札を掛けていらっしゃいました。
 
名札を掛け、もっと頑張ろうと意気込んでいらっしゃる皆様を見て

私も頑張ろうと思いました。
 
P4152473.JPG

P4152469.JPG


P4152491.JPG

P4152494.JPG



竹工芸はやればやるほど、 

知れば知るほど奥が深いなぁと私は感じます。
 
楽しく続けていただけたらいいなと思います。
 
 





 

 
今回来てくださった体験の方3人は

大阪高島屋の襲名展でお茶運びのお手伝いをしてくださります。
 

世界にひとつだけの花籃 を制作されました。

皆様とても編む作業が早かったです。
 
 
花籃は、一人一人の個性がとても出ていました。
 
さくらをのびのびと表現されている作品や

鳥を表現されている作品、

丸い形から剣道の面を連想された作品、
 
楽しく制作されていた様子が現れた素敵な3作品となったと思います。

P4152499.JPG


P4152596.JPG


P4152602.JPG


P4152591.JPG

 
 
完成おめでとうございます‼
 

 P4152611.JPG


そして、襲名展ではどうぞよろしくお願いいたします!
 
 




 


 
 
 
今回のお茶休憩の時間、皆様本当に有難うございました。
 
実はこの日に私にサプライズがありました。
 
なんと、、、
 
私の誕生日を皆様が祝って下さいました!
 
ケーキまで準備して下さってびっくりしました!
 
教室で祝って頂けるとは、思ってもいませんでした。
 
こんなに沢山の方々に歌を歌って頂いた誕生日は幼い頃以来でしたので、
 
少し照れましたがとても嬉しかったです‼
 
つい嬉しくて歌って頂いている間ずっと動画を撮ってしまいました!
 
皆様、そして先生や工房の方々、本当にありがとうございました。
 
23歳になり、もっと様々な面で成長できるように頑張りますので、

これからもどうぞよろしくお願い致します‼
 
P4152549.JPG







 
 

 
教室の生徒さんが籃を使っていると写真を送ってくださいました。
 
家で亀甲編みを納得するまで練習されて完成させた籃です。

丁寧に完成されていて、可愛らしい籃に仕上がっています。

綺麗にそら豆を盛り付けられて、よりいっそう美味しそうです。
 
溝部さん.jpg


写真を送って頂きありがとうございます‼
 






教室の様子です 
P4152517.JPG

新しい.jpg










来月の教室の予定は
 
5月13日(土)
 
5月27日(土)
 
となります、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
四代田辺竹雲斎襲名展があります。

大阪

会場 高島屋大阪店 6階美術画廊
会期 2017年 4月26日(水) ― 5月2日(火) 
   午前10時 − 午後8時
   ※4月28日(金)、29日(土・祝)は午後8時30分まで
   ※最終日は午後4時閉場



東京

会場 高島屋日本橋店 6階美術画廊
会期 2017年 6月28日(水) ― 7月3日(月) 
   午前10時30分 − 午後7時30分




襲名展なので普段とは違い作品数も多く見どころが沢山あります。

伝統的な作品、アート作品、コラボ作品などの様々な作品が

集結する機会はとても珍しいので
 
皆様に見て頂けたらとっても有難いです。
是非機会がありましたら、是非是非ご覧下さいませ!
 

どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
 
 


 
 
 
 
教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968

posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

弟子が1人増えました!

こんにちは、弟子の中村です!

今年の桜の開花時期は去年よりも遅かったみたいですが、

綺麗に咲いてますね!

普段通る道で見られるので毎日違う表情を見て楽しんでいます。


20170412_081611132.jpg





4月8日





4月から新しい方が弟子入りされました!

佐野加代子さんです。

佐野さんは大分の竹工芸訓練支援センターで2年間勉強され

田辺竹雲斎工房に弟子入りされました。

竹に関わる前はデザイン関係の

お仕事をされていたそうです。

周りをよく見ていらっしゃるので、

教室初日にして沢山フォローしてくださいました。

明るい方なので早速、教室の生徒さんと楽しくお話しされていました!


先生、朋さん、私、佐野さんの4人となります。

皆様、どうぞこれからもよろしくお願い致します!

IMG_20170413_074911.jpg





菊底編みの籃を制作されている生徒さんがいらっしゃいます。

この課題は細い竹ヒゴ、側面を編んでいく幅が広めのヒゴを使います。

長い竹をこなされて、今編む作業に入られています。

底を編み、こてで竹を熱して側面を立ち上げられました。

編む作業は正確に編み進める事が大切です。

一度ほどいて編み直すこともありましたが、コツコツと進められていました。

細いヒゴを編み終わると次は幅の広いヒゴで編んでいきます。

幅の広いヒゴを編み始めると一気に形が出来上ってくるので、どんな籃になるのか楽しみです!

P4082190.JPG








鉄線編みの盛り籃を作られている生徒さんが沢山いらっしゃいます。


編まれている方

P4082178.JPG

縁をつける作業をされている方

P4082198.JPG


鉄線編みの盛り籃は 皮と、みを2枚合わせて編むのでとても丈夫です。


皆様の籃が完成して、実際に使っても長持ちすると思います。

それぞれの味が出ている籃が出来上がることがとても楽しみです!




教室の様子です


P4082215.JPG



IMG_20170413_075000.jpg









教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968


posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

ご報告があります。

こんにちは、弟子の中村です。

少しずつ春らしい日が増えてきましたね。

お花も蕾が開いて綺麗に咲き始めるので

植物の観察を楽しもうと思います。

新たに始まることが多い季節で、

今までとは生活リズムが変わる方もいらっしゃると思いますが

健康に気を付けて元気にスタートしたいですね!



3月18日




1つめの課題である亀甲編みを練習していた生徒さんがいらっしゃいます。

その生徒さんと先生のお話しの中で

先生が「人間は一日の70%のことを忘れてしまうけれども、

毎回思い出したり復習することによって忘れてしまう事を忘れない事に

変えることができる」と話していらっしゃいました。

この話を聞き、改めて復習はとても大切だと思いました。


ほんの少し復習するだけでも身に付くきっかけになると感じることがあります。


私は編み方を覚えるのに時間がかかるので、

家でふと思い出した時に一周分ずつ進めるということを繰り返して覚えます。



人それぞれのスタイルがあると思いますので、

課題を進めていく中でそれぞれ自分流の復習方法で

楽しく進めてほしいと思います!





鉄線の縁を仕上げていく作業をされている生徒さんがいらっしゃいました。

幅が狭く分厚い竹ヒゴを熱して丸く曲げます。

その竹ヒゴを綺麗に並べて鉄線編みにそわせて、

針金で固定していきます。

あとは前回にきれいに材料作りをされていた籐でかがっていきます。

完成がとても楽しみですね!


P3180118.JPG




今回の教室の様子です。

P3180098.JPG


P3180119.JPG








今回はご報告が三つあります。




一つめは、田辺小竹先生が3月19日に襲名されました。



これからは 田辺竹雲斎 先生となります。

襲名式は例えるなら『 清』な雰囲気で行われました。

全員で着物を着て、式を行いました。

言葉ひとつひとつがとても身に沁みました。

一生で一度あるかないかの貴重な経験を体験できとても感動しました。



先輩方のように先生を支えられるように頑張りますので、

どうぞこれからも宜しくお願い致します。


1491519754539.jpg


1491519819118.jpg






二つ目のご報告は、

先生の襲名式と同じ日にで姉弟子の上杉 朋さんが初伝を授与されました。

伝統工芸展に出品するものを制作されたり、

東京で二人展の準備をされたり、

沢山の役割を担っていて忙しい中で難しい初伝の試験に合格されました。



何に対しても全力でやりきる朋さんは

本当にすごいと思いました。

本当におめでとうございます。


1491519877333.jpg






三つめは、ブラジルでのインスタレーション制作が無事に完成いたしました!


今回インスタレーションを制作したのは

日本政府の外務省が企画しているJAPAN HOUSE という文化施設の中に制作しました。

JAPAN HOUSEとは、日本の魅力や文化を海外に発信するために創作された施設です。


サンパウロ、ロサンゼルス、ロンドンの三都市にあり、

2017年4月にサンパウロがJAPAN HOUSE初オープンとなります。


「竹」がテーマの展示会から始まるので、

一番初めの展示会に関わることができて、とても嬉しく思います。




先生、海外制作に携わる機会を与えていただき本当にありがとうございました。


先生と朋さんには出発してから帰国するまで沢山ご迷惑をおかけしてしまいました。

様々な場面でご指導いただきありがとうございました。

先生、朋さんとNY、ブラジルでご一緒出来た時間は本当に有り難く、素敵な時間でした。


行くまでに細やかなアドバイスして下さった工房の皆様、

心配をかけることが多かったと思いますが

なんとか大きな失敗もなく過ごすことが出来ました。

本当にありがとうございます。




JAPAN HOUSEの方々や竹のインスタレーション制作に興味を持って下さった方々の

ご協力のお陰で完成させることができました。

本当にありがとうございました。



先生の作品テーマである

つながり ー connection ー (コネクション)

に携わる事ができブラジルの方々と自分自身も、

作品でつながれる貴重な経験ができました。


1491519989252.jpg


1491520350293.jpg


1491520405607.jpg


1491520469677.jpg



教室の皆様、初海外の私に沢山アドバイスを下さり本当にありがとうございます。

お陰様で無事に帰国できました。



これからも次の目標に向けて日々精進していきたいと思います。

本当にありがとうございました。











教室に興味のある方、申し込み希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://shouchiku-school.seesaa.net/article/210416974.html?1371962968
posted by 田辺竹雲斎 (Chikuunsai TANABE) at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする